健康、生活 › 2020年07月14日

2020年07月14日

セラミック(陶材)の硬さと樹脂の粘り強さをあわせもった素材を使用した被せです

審美歯科とは、歯並びや歯の色やカタチなど口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療です。審美歯科には歯並びやかみ合わせを治すなどの実用目的のものから、白い歯、美しい口元による健康的な笑顔といった美容的な側面を目的とした治療があります。虫歯がなくても、歯の色や口元の美しさについて相談できるのが審美歯科です。

クラウン(かぶせもの)
ハイブリッド
セラミック(陶材)の硬さと樹脂の粘り強さをあわせもった素材を使用した被せです。柔軟性があるので、奥歯のかみ合わせに適しています。保険適用のプラスティックの被せ物よりも、より永く白く美しい歯を保つことができます。
歯科 照射器
メタルボンド
メタルボンドセラミックとは、裏側を金属で補強したセラミック歯です。セラミック部分は、ハイブリッドセラミックではなく完全なセラミックですので、透明感に優れた綺麗な仕上がりで、また裏側が金属なので丈夫で割れにくいという利点があります。ただ、加齢に伴い歯肉がやせてくると、歯の根元部分の金属が露出し黒いラインが見えてくるという欠点があります。

オールセラミック
金属を使わないセラミックだけでできたかぶせ物です。より自然な色合いと形を再現いたします。永年の使用にも変色せず、天然歯の美しさを保ちます。セラミックを使用するという点ではラミネートベニアと同様ですが、より効果の大きい改善が可能です。 また奥歯などの治療に関しても、従来の金属製のかぶせ物と異なり、金属アレルギーを引き起こさないというメリットがあります。
根管治療機器
ラミネートべニア
ラミネートベニアとは、歯表面を0.5mmほど削り、その上に貝殻状の薄いセラミック板を貼り付け、 変色している歯の色調などを整える治療法です。歯 の色がくすんでいたり、ケガなどで歯の一部が欠けたりの悩みには、セラミックの薄片を貼り合わせることで解決します。天然歯の形、健康的な色つやに再現します。  


Posted by koikenina at 12:25Comments(0)

2020年07月14日

笑顔は、あなたらしい美しさをアピールするのです

笑顔は、あなたらしい美しさをアピールするのです。それなのに、自分の口元に自信がもてなかったとしたら・・・。
あなたは、本来の魅力を発揮できていないのかもしれません。笑顔の印象を左右するのは、そう、口元です。
歯を白くするには
歯を削らずに白くする方法
歯を削ってセラミックを使用する方法
2種類がありホワイトニングは歯を削らずに白くする方法のことです。ホワイトニングには
ホームホワイトニング
オフィスホワイトニング
失活歯漂白術
以上の3種類があり歯の着色の原因により適した治療法を選びます。
歯の着色の原因
日常の生活習慣(飲食・喫煙・磨き残しなど)により歯の表面に色素が沈着した状態のもの。
生体情報モニタ
内因性の着色
生まれつき歯の色が黄色い、先天性の原因で歯が変色しているもの。

外傷・歯科治療による変色
歯をぶつけて神経が死んだり、虫歯のために神経治療をすると歯の血液循環が失われ、徐々に変色を起こす。
また金属で虫歯を治したところが変色する。

年齢的な変色
若年者に比べ年齢と共に歯は黄色くなってきます。これは歯の表面にあるエナメル質が磨耗して薄くなるのと、内部の象牙質の色が濃くなるためです。
マイクロスコープ 歯科
ホームホワイトニング
歯の型にあわせたカスタムトレー(マウスピース)を作ります。ご自宅でトレーに薬剤を入れて口腔内へ装着し、一日に2時間程度使用します。
通常2週間~1ヶ月程度で効果が現れますが、歯の状態によっては長期間の処置が必要になる場合もあります。
オフィスホワイトニング
歯科へ来院していただき診療室にて漂白処置を行います。
歯の表面の状態を診査して問題がなければ、光を当てて漂白します。通常1~3回の来院が必要ですが歯の状態によっては回数を増やす場合があります。  


Posted by koikenina at 11:54Comments(0)

2020年07月14日

歯みがきでは落とせない茶渋・たばこのヤニなどの着色を除去し、歯本来の色になります

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略称で、お口の健康管理を目的としたプロが行う歯のクリーニングです。専用の器具を用いて、お口にたまった汚れや細菌を除去し、清潔な口腔内環境にいたします。むし歯も歯周病も、細菌による感染症です。ですから一度むし歯や歯周病になった方は放置しておくと他の歯に感染してしまいます。そのため歯磨きで細菌を除去することが大切なのです。
歯科 スケーラー
しかし、歯磨きで除去しにくいところに細菌が集まり、歯ブラシでは落ちない頑固な
バイオフィリムを形成します。これを定期的に専用の器具で破壊し除去していくのです。
そして、歯の再石灰化を促すお薬を歯にすりこみます。PMTCを終えると、心地よい刺激で、終わった後はピカピカつるつるになり、

スッキリ爽快感が生まれます。
定期的に歯科医院で予防歯科を受けて細菌を除去すると、虫歯や歯周病の予防に大きな効果があります。歯ぐきの腫れや痛みを防ぎ、歯の寿命を延ばすことができます。

PMTCの効果
虫歯の予防
繰り返しPMTCを行うことで、お口の中の細菌構成をコントロールし、歯周病の原因となる細菌の数減らし、新しい虫歯の発生を抑えることができます。

歯周病の改善
プラークを取り除くことでや歯肉の炎症を改善し、歯周病の予防につながります。
エアーモーター
歯が白くなる
歯みがきでは落とせない茶渋・たばこのヤニなどの着色を除去し、歯本来の色になります。

歯質が強化される
フッ素には歯を強化させる働きがあります。歯の清掃・研磨にフッ素入りの研磨剤を使用し、表面のバイオフィルムを取り除いてからフッ素を塗布するためフッ素の効果をより高めます。
  


Posted by koikenina at 11:31Comments(0)