健康、生活 › 2020年07月20日

2020年07月20日

加齢によって着色する場合

歯の着色の原因って?
主に以下の4つの原因が考えられます。
先天的に着色する場合
高濃度のフッ素を長期間服用した場合や、母胎がある種の抗生物質を服用した場合、ある種の歯の奇形などでは先天的に歯の色が全体的に着色している場合があります。この場合はホワイトニング治療では対応が難しい場合が多いと思います。
歯科用拡大鏡
日常生活の中で着色する場合
喫煙は大きく影響をします。また、赤ワイン、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、カレー等、着色しやすい食品を摂る頻度が多いと歯も着色しやすいと言われます。
歯の神経を取ったために着色する場合
通常神経をとった歯は、だんだん色が黒ずんできます。また神経をとった歯に金属の土台を入れた場合、その金属が溶け出して歯を真っ黒にする場合もあります。
加齢によって着色する場合
お歳を重ねると、だんだんと歯は黄ばんでくる傾向にあります。
ホワイトニングが有効なものは2と4のパターンです。1と3の場合はセラミック等で審美修復をした方がきれいになると思います。
歯科用コンプレッサー
ワイトニング治療の利点、欠点
セラミック修復でも同様のことができますが、歯を削らないホワイトニングの最大の利点は、歯にダメージを与えないことです。削った歯は平均すると10年弱で再治療が必要になるといわれますが、削っていないのでその心配はありません。価格的にもセラミック修復1本分の費用で、前歯全部が白くできます。

ただし、既に入っている被せや詰め物はホワイトニングできませんし、歯の着色原因によってもホワイトニングでは無理な場合もあります。つまり、欠点としてはできない場合もあるということです。治療目標を事前に相談する必要があります。またホワイトニングは、しみる等の多少の不快症状を伴うことがあることと、患者さんご自身の努力が必要になってくることも欠点といえば欠点でしょうか。  


Posted by koikenina at 16:29Comments(0)

2020年07月20日

歯科衛生士による、特別な歯のクリーニングです

「病気になってから治療する」のではなく「病気になる前に予防する」ことが大切
予防歯科では、むし歯や歯周病を予防するための治療やケアを行っています。「虫歯が治ったから歯医者に行かなくてもいいか…」と後回しにしていると、いつの間にか虫歯が再発していたり、知らず知らずのうちに歯周病になっていることも…。

歯科クリニックでは、お口の状態をしっかりと知っていただき、お一人おひとりに合ったケア方法をお伝えします。また、正しい方法で行う自宅での歯磨きの習慣はもちろん、定期的な検診やプロの手によるクリーニング、歯の質を強くするフッ素塗布も加えることで、むし歯や歯周病にならないようにしていきましょう。
根管長測定器
PMTC
歯科衛生士による、特別な歯のクリーニングです。専用の道具を使って、汚れ・歯垢を徹底的に取り除きます。PMTCを受けたあとの歯面はツルツルで、汚れ・歯垢の付着を防ぎます。

歯石取り
歯垢がかたまってできる“歯石”は、その名の通り石のようになって歯にこびりついており、歯ブラシでは除去できません。(硬いブラシでゴシゴシ擦っても取れません。健康な歯まで傷つくため、おやめください)歯科医院での歯石取りでは、専用の道具を使って、歯を傷つけることなく取り除くことができます。歯石は、それ自身がお口の健康を害することはありませんが、表面に小さな穴が開いており、細菌の絶好の住処となります。間接的に歯周病のリスクを高めることになりますので、定期的に歯石取りを受けましょう。
歯科 コントラ
フッ素塗布
歯の再石灰化を促すフッ素を、歯に直接塗布し、歯質を強化します。小さなお子様から受けていただける、安全な予防処置です。なお、フッ素塗布の効果は数カ月間です。歯を傷めることはありませんので、定期的に受けられることをおすすめします。  


Posted by koikenina at 16:16Comments(0)

2020年07月20日

審美歯科とは様々な方法で美しい歯並びと、白く美しい歯を手に入れる方法です

歯を白くしたい・歯の隙間・歯並びを揃えるなど口元のコンプレックスを改善するのが審美歯科治療です。歯や口元に自信が持てない方は案外多いと思います。美しい歯並びと白く美しい歯を手に入れ、心からの笑顔を取り戻すための治療が審美歯科です。普通の歯科では、機能の回復を中心に治療し、治療後の見た目の美しさや、周りの歯との違和感のなさに注意が払われない場合があります。審美歯科に力を入れている当院では、治療後の自然さと美しさに重点を置いて治療をしています。美しい歯は、健康の源です。しっかり噛んで、しっかり笑って笑顔を取り戻しましょう。
led光重合照射器
審美歯科の治療法
セラミッククラウン
歯の全面にセラミック製のクラウン(冠)をかぶせ、しっかりと固定する方法です。
削った歯の型をとり、その歯型によってセラミックで製作したクラウンを合わせて、歯の色や形、歯並びなどの審美的要素をバランス良く修復し改善するものです。
セラミックの持つ特殊な材質を十分に生かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますので、きわめて審美的効果が高い方法と言えます。

この治療の適応性は、位置がずれている歯、変色している歯、重度のむし歯、奇形歯、金属アレルギーの人などです。また、この治療の利点は、金属を全く使用しないので、金属アレルギーの方にも安心して受けることが出来ること。そして自然歯のような仕上がりになる事も挙げられます。欠点としては、歯を大幅に削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があります。

セラミックインレー
「笑った時、奥歯の金属が気になる。」「むし歯の治療をしたいけれど、銀歯はちょっと・・」という方に試していただきたいのが、セラミックインレー。
詰め物と自然歯の境目の区別がつかないほど自然な仕上がりで、笑顔をより爽やかなイメージにしてくれます。
根管長測定器
ハイブリッドセラミックス(クラウン・インレー)
ハイブリッドセラミックスはセラミックスとプラスチックを複合した新素材です。
天然歯に調和する自然な色調、奥歯のように噛む力が強くかかる部位にも十分使用できる強度と、噛みあわせの歯を痛めない優しさをもっていて、あらゆる歯の修復に対応します。
オールセラミックスよりも安価ですが、プラスチックが配合されているため、耐久性や見た目はセラミックスに比べると劣ります。  


Posted by koikenina at 15:55Comments(0)