健康、生活 › 2020年07月21日

2020年07月21日

ちょっとした白濁や変色が発生している段階です。自覚症状はありません

虫歯をひらたくいうと「酸で歯が溶ける病気」です。
口の中にはたくさんの常在菌がおり、少ない人で120種、多い人では350種以上もの細菌が存在しています。大半は害がなく、むしろ口内環境を整えてくれるなくてはならない菌ですが、中には害をなす菌もいます。その中の一つが「ミュータンス菌」です。この虫歯菌が、餌である糖分を摂取する際「酸」を作り出し、結果として歯が溶けてしまうのです。
初期(歯の白濁及び茶褐色への変色):C0
歯科材料 通販
症状
ちょっとした白濁や変色が発生している段階です。自覚症状はありません。
治療方法
この段階の場合、適切な歯磨きと定期的なフッ素塗布を行うことによって経過を観察します。
ただし、正しい歯磨きの仕方を知っていることが大事になります。歯科医院で歯磨き指導を受け、正しい歯磨きを身に付けましょう。
中度(エナメル質から象牙質に侵食した虫歯):C1~C2
症状
エナメル質~象牙質にかけて虫歯がある場合は治療対象となってきます。
痛みなどの自覚症状がなく進行していることもあり、歯科医院で見つかることも多くあります。
自覚症状としては冷たいものや温かいもので凍みる、噛んで痛むなどが挙げられます。
治療方法
虫歯を除去してコンポジットレジンで詰めたり、セラミックや銀歯などの詰め物で対応していきます。
重度(歯髄(神経)に到達した虫歯):C3
歯科 タービン 滅菌
症状
何もしないで痛みが強い場合などは虫歯が歯髄まで到達していることがほとんどになります。
歯髄に炎症があり、ズキズキと鼓動に合わせて痛むことがあります。
治療方法
根(神経)の治療として神経を除去する治療が行われます。何度も通わなくてはならないのはこの状態の虫歯です。
治療Step1.麻酔をして歯を大きく削り、虫歯に侵された神経を取り除きます(複数回かかります)
治療Step2.神経がきれいに取り除かれたら、土台を立てて被せものをします(こちらも複数回かかります)
末期(歯根だけが残っている虫歯):C4
症状
虫歯の進行が著しく、歯茎の上に歯の頭が全く残っていない状態です。神経が死んでしまっているので、痛みはもはやありません。
治療方法
虫歯の進行状況や周囲組織の感染の範囲によって治療の方法が変わりますが、抜歯となってしまう可能性が非常に高くなります。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などの治療に移行します。  


Posted by koikenina at 17:14Comments(0)

2020年07月21日

35歳~44歳の人ではおよそ85%、45歳〜54歳では90%の人が歯周病にかかっています

歯を支える周りの組織に起こる病気です
歯周病は、歯肉炎からはじまり俗にいわれる歯槽膿漏までを総称した歯を支える組織の病気です。歯の周りには、歯を支える色々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)があります。歯周病はこれらの組織が細菌に感染して起こります。また、歯の周りだけでなく、全身的な要因・病気も原因となるうえ、その逆も引き起こすことがあります。歯と歯ぐきの健康維持は全身の健康につながっています。

ほとんどの大人がかかっている歯周病
35歳~44歳の人ではおよそ85%、45歳〜54歳では90%の人が歯周病にかかっています。つまり、ほとんどの大人が程度の差はあっても、歯周病にかかっているといっても過言ではありません。
歯科用プライヤー
歯周病菌は、全身病を誘発します。
デトックス(解毒)を考えるのであれば、何をおいても、歯周病の治療が、必要です。歯垢・歯石1mgの中には約2億個の悪玉菌が生息しています。わたしたちは、気の遠くなりそうな数の細菌を口の中、とりわけ歯周ポケットに飼い、血管を通じて、体内の他の臓器へ送っていると言うことに成りかねません。

歯を失う大きな原因のひとつ
歯を失う原因の第1位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因になっています。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなっています。こんなこと思いあたりませんか?
集塵機歯科
歯ぐきからウミが出ることがある。
歯がグラグラと動く感じがする。
歯ぐきがむずがゆい感じがする。
歯と歯の間に、よく食べ物がはさまる。
歯ぐきが赤く腫れたり、痛むことがある。
歯を磨くときやりんごを食べたとき、歯ぐきから出血することがある。
口臭があり、人から口が臭いと言われたことがある。
朝起きた時、口が粘ついたり、妙な味がする。
冷たい水を飲むと、虫歯もないのに歯や歯ぐきがしみて痛い。
鏡で見ると、前よりも歯が長くなったように感じる。  


Posted by koikenina at 16:38Comments(0)

2020年07月21日

オールセラミックスクラウンとは、冠全体がセラミック(陶器)でできている被せ物(さし歯)です

オールセラミッククラウンとは
オールセラミックスクラウンとは、冠全体がセラミック(陶器)でできている被せ物(さし歯)です。見た目は被せ物の中で最もきれいですが、金属に比べて割れやすいです。
オールセラミッククラウンの料金
12万円
オールセラミックスの治療期間
通常3回(形成→型採り→装着)
*ただしオールセラミックス装着後、ジルコニアを覆っているセラミック(陶器)の部分が割れることを避けるために、仮歯で数か月様子を見ることがあります。
根管長測定器
オールセラミッククラウンのメリット
被せ物の中で見た目が最も綺麗で、変色もない。
金属を使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーの可能性がない。
オールセラミッククラウンのデメリット
金属を使用した物より割れやすい。
保険適用外なので、値段が高い。
天然の歯より硬いので、噛み合う歯を痛めてしまうことがある。
透明感があるので、金属の土台が入っている場合は使えないことがある。

ラミネートベニア
ラミネートベニアとは
ラミネートベニアとは、歯の表面を少し削って、そこに薄いセラミックのシェル(付けツメのようなもの)を貼り付ける治療法です(付けツメと違い1度つけたら外せません)。これにより、歯を希望の白さにしたり、大きさや形を調整することでちょっとした歯並びを改善することができます。
ラミネートベニアの治療期間
通常3回(形成→型採り→装着)
ニッケルチタンファイル
ラミネートベニアのメリット
希望の色にすることができ、色の後戻りがないので、見た目は最も綺麗。
歯の大きさや形を調整することができる。
ラミネートベニアのデメリット
歯の形は変えれるが、歯の方向はほとんど変えられない。
ラミネートのシェルは薄く割れやすいので、強い力のかかる部位には使用できない(一般的に上の前歯のみ適応です)。
保険適用外なので、値段が高い  


Posted by koikenina at 16:17Comments(0)