健康、生活 › 2020年07月27日

2020年07月27日

1つでも当てはまったら歯周病の可能性があります

近年、歯周病は口腔内だけの問題ではなく糖尿病や肺炎など、多くの疾患の発症リスクを高め、妊婦の場合は早産リスクが約5倍も高くなることがわかってきた歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、赤みや腫れ、出血、排膿、口臭といった様々な症状が現れる疾患です。歯周病は、細菌の塊である歯垢や歯石により歯と歯茎の間の隙間が広がることで進行し、歯周組織に細菌が進入すると歯根膜や歯を支えている顎の骨(歯槽骨)を破壊します。さらに進行すると、歯を支える力が弱くなるため歯がぐらつき、最終的には歯が抜ける恐ろしい病気です。
歯科用タービン
歯周病かなとおもったら、セルフチェックしてみましょう
1つでも当てはまったら歯周病の可能性があります。早めに受診されることをお勧めします。
朝起きたとき、口の中がネバネバする
歯磨きをしたときに、歯茎から血が出る
歯茎が腫れたり、膿が出たりする
歯と歯の間に「すき間」がひろがってきた
歯茎の色が赤色や紫色になった
歯茎が下がってきた
ぐらつく歯がある
口臭が気になる
歯ぎしりをしている
口内炎ができやすい

スケーリング
軽度の歯周病治療に用いられる治療方法です。歯周ポケットの歯垢や歯磨きでは取ることのできない歯石を「スケーラー」という専用器具ををつかって除去します。
歯石は日々の歯磨きでは取り除けない上、除去してもしばらくすると再形成されますので、定期的な除去をお勧めいたします(3~6ヶ月に1回位)。
歯科 技工 エンジン
ルートプレーニング
中度の歯周病治療に用いられる治療方法です。歯周病が進行すると歯周ポケットも深くなるため、スケーリングだけでは奥の歯垢や歯石を取ることができません。そこで、「キュレット」という専用器具をつかって奥深くの歯垢・歯石を除去し、さらに歯根を滑らかな面に仕上げます。  


Posted by koikenina at 17:22Comments(0)

2020年07月27日

歯肉炎から汚れが更に放置されて進行すると、軽度の歯周病に移行します

歯周病は歯茎が腫れるだけでなく、悪化すると歯茎の中の歯を支える骨を溶かしてしまいます。歯を支える骨(歯槽骨)が溶けると歯がぐらぐらして、最終的には抜けてしまうのです。症状も、歯磨きの時に血が出るといったものから徐々に進行し、膿が出て変な味がする、口臭がひどくなるというように徐々に悪化していきます。歯周病は進行すると治すのが難しく、初期は自覚症状があまりない疾患です。
エアーモーター
歯肉炎
そもそも歯周組織とは、歯の周りの歯茎、歯を支える骨(歯槽骨)、歯と骨の間にあるクッションである歯根膜、歯根の表面を覆うセメント質の4つを指します。このうち歯肉に限局して炎症が発生しているものを歯肉炎と呼びます。歯周病の段階としてはごく初期で、原因はほとんどが歯磨き不足による汚れの蓄積です。ブラッシング指導とクリーニングを行うことで、ほとんどが解消します。ただし、汚れの量や範囲が多い場合には数回に分けて歯石取りなどの治療が必要になることがあります。

軽度歯周病
歯肉炎から汚れが更に放置されて進行すると、軽度の歯周病に移行します。歯肉と歯根の間に汚れが入り込み、セメント質が汚染され、歯根膜の一部が破壊されることで歯周ポケットが形成されます。歯磨きで血が出る、しみるなどの症状が表れ始めます。歯茎の中にも歯石が付着していることがあるので、歯科医院でのクリーニングと進行を予防するためのブラッシング指導が必要です。
歯科 ユニット
中等度歯周病
軽度歯周病を放置すると中等度歯周病へと移行します。歯肉の中に汚れが入り込み、歯根膜を破壊して深い歯周ポケットを形成します。何もしていなくても歯茎から膿が出たり、口臭がひどくなるなど、分かりやすい症状が出始めます。歯を支える歯槽骨が溶かされてしまうため、治ったとしても歯茎が下がって歯磨きがしにくくなったり、歯が伸びたような見た目になるなどの歯肉の形態変化が残ります。また溶けた骨は戻らないため、歯周病のリスクが高いままになってしまいます。

重度歯周病
歯がぐらぐらして痛みが出るなど、末期の症状が現れます。歯を支える歯槽骨が大きく破壊されてしまっていることもあり、残念ながら歯を残すことができず、抜歯に至るケースも多くあります。歯周病は可能な限り、早期に治療することが重要です。  


Posted by koikenina at 16:36Comments(0)