健康、生活 › 2020年07月31日

2020年07月31日

セラミックとプラスチックを混合した詰め物・被せ物の素材です

審美歯科治療
審美歯科は、歯の病気の治療という元来の目的よりさらに進化し、自然で調和のとれた美しい口元を作っていくことを目指す診療科目です。歯の色を白くしたり、咬合を整えたりすることで、美しさだけではなく歯の機能性の向上も目的としています。
歯科LED照射器
オールセラミック
詰め物・被せ物いずれにも使えるオールセラミックは、光の透過に優れているため美しく自然に仕上がります。強度としなやかさを併せ持ち、隣りの歯を傷つける心配もありません。また、セラミックであるため金属アレルギーの心配もありません。

ハイブリッドセラミック
セラミックとプラスチックを混合した詰め物・被せ物の素材です。色調、強度ともに優れ、他のセラミック素材に比べて低価格なのが魅力です。

ラミネートベニア
薄いセラミック素材のシェルです。歯の表面を薄く削り、前歯の表面に付け爪のように貼り付けます。軽度の歯並びの調節も可能です。
歯科用オートクレーブ
ジルコニア
酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックです。フレームに人工ダイヤモンドと同じ素材を使用しているので、とても軽量で丈夫です。従来のセラミックの2~3倍の耐久性を誇ります。主に奥歯に用いられます。

ホームホワイトニング
歯科医院で専用のマウスピースを作製し、ご自宅で低濃度のホワイトニングジェルを塗布して1日数時間装着するホワイトニング方法です。優しく徐々に歯を白くでき、色戻りが少ないのが特徴です。
  


Posted by koikenina at 16:44Comments(0)

2020年07月31日

歯の病気といえば、多くの方は「虫歯」を思い浮かべるでしょう

歯を失う原因第1位は歯周病です
歯の病気といえば、多くの方は「虫歯」を思い浮かべるでしょう。歯科医院で治療するイメージも、歯を削るシチュエーションをよく想像されると思います。しかし歯を失うことにつながる原因としては、実は虫歯ではなく「歯周病」がもっとも多いということはご存知でしょうか。日本では40歳以上の成人のうち、実に5人に4人が歯周病に罹患しているといわれています。

歯周病は自覚症状がほとんどないまま進行してしまう病気です。初期段階で患者さまご自身が気づくことが難しく、だんだんと口内の状態を悪化させていき、重篤な状態になって初めて、痛みや違和感が生じます。

最近では、歯周病が心臓血管疾患や糖尿病、低体重児出産、早産など、歯科領域以外の病気の原因になることも、研究によって明らかにされてきました。一度歯周病によって骨が溶けてしまうと、完全に元の状態に戻すことは難しいのが現状です。ただし、歯周病治療後の定期的なメンテナンスで骨の状態の悪化を防ぐことや、歯周外科処置(歯周再生療法)で部分的に骨を再生させることはできます。
超音波骨切削器
こんな症状がある方は検査をおすすします
歯肉が赤みがかってぶよぶよとたるんでいる
歯周病になると、歯肉が炎症を起こすので、健康的なピンク色から赤い色になります。炎症が起きて張りがなくなってぶよぶよとした質感になり、歯と歯の間の鋭角の歯肉が丸みを帯びてきます。初期段階では痛みが出ないので、鏡を見ながら歯肉の状態をチェックしてみることが大事です。
歯磨きをすると血が出る
歯肉で炎症が起こっているため、歯磨きの刺激で血が出ることがあります。毎日ちゃんと歯を磨いていても、磨き残してしまった歯垢などで細菌が繁殖し、歯周炎を引き起こします。出血を確認したら初期の歯肉炎を疑い、歯磨き方法の見直しと歯科医院を受診しましょう。
ものを噛んだときに痛みを感じることがある
歯周病は進行すると、歯を支える歯槽骨にまで炎症が及びます。噛んだときに痛みが出るのは、骨にまで炎症が至っている可能性があります。病状がこれ以上深刻にならないうちに、早めの治療が必要です。
ニッケルチタンファイル
歯がぐらぐらと動く
歯槽骨に炎症が広がると、骨は徐々に溶けていきます。支える骨が弱くなってしまうので、歯はぐらぐらと動いて不安定になってきます。このまま放置すると歯が抜けてしまう危険があるので、速やかに治療を始めた方がよいです。
  


Posted by koikenina at 16:16Comments(0)

2020年07月31日

歯を削らずに見た目をきれいに改善できる

歯列矯正のメリット
歯を削らずに見た目をきれいに改善できる
矯正歯科はセラミックや歯を削る治療と違い、歯を削ることなく歯並びをきれいに改善することができます。
歯を削って形を大きく変える場合、歯の神経も取らないといけないため、セラミックでは健康な歯を大きく削る必要があります。
それに対して、歯列矯正は歯を削ることはないため、健康な歯はそのままで、見た目を改善することができます。
また、セラミックは歯の根を動かせないので、歯のがたつきが大きいと、抜歯してブリッジにする必要が出てしまったり、形が不自然になってしまう場合があります。しかし、歯列矯正は歯を治療用の装置を使って動かすことができるため、より自然に見た目を改善することができます。
歯茎の位置に関しても、セラミックは歯茎の位置をほとんど変えることができません。
そのため、歯が長くなったり短くなったりしてしまうのですが、歯の矯正では、比較的歯茎の位置も自然でそろってくることが多いです。
また、歯の詰め物やかぶせ物も歯並びが悪いと形がよりいびつなものを製作せざるを得なくなってしまい、見た目がより気になってしまいます。
マイクロモーター
虫歯や歯周病になりにくくなる
歯のがたつきが大きい部分は歯磨きがどうしてもしにくくなってしまいます。
それによって汚れが溜まりやすくなってしまい、虫歯や歯周病になりやすくなります。
虫歯や歯周病になってしまうと、見た目がよりひどくなってしまいますので、若い頃にコンプレックスだった歯並びは、年齢とともに歯周病や虫歯も重なり、より見た目が気になってきてしまうことがあります。
歯並びがきれいになり、清掃性が良くなることによって、虫歯や歯周病の発症を予防することができ、美しさと共に健康も維持することができます。
横顔がきれいに整う場合がある
特に口元が出ている場合、口が閉じにくい場合などは歯列矯正で改善できる場合が多くあります。その場合は歯並びがきれいになるだけでなく、口元も治療とともに引っ込むので、横顔が整った印象になります。
矯正治療を行う上でのデメリットもよく理解した上でにはなりますが、「口元を下げたい!」というご希望で矯正治療を受けられるのもよいかと思います。
かみ合わせがよくなる
歯列矯正では、見た目のみではなくほとんどの場合が矯正治療前と比較してかみ合わせがよくなります。
どのように顎を動かしても前歯が当たらないかみ合わせの方は80歳になった時、20本以上の歯が残っている確率がほぼ0%だといわれています。
歯科 スケーラー
完璧なかみあわせである必要はありませんが、歯ならびによって一部の歯に過度な負担がかかっている場合には、歯が長持ちしない可能性が高いので、歯列矯正や多くの歯で負担を分散できるように治療をおこなった方がよいでしょう。  


Posted by koikenina at 15:56Comments(0)