健康、生活 › 2020年08月04日

2020年08月04日

最初に、セラミック歯の形を仕上げます

セラミック治療の流れ
1回目
歯型の採取・仮歯装着
印象(歯の型)をとり、歯科医師や歯科技工士が患者様の歯の形や色、肌の色とのバランス、お顔の形や唇の形とのバランス、かみ合わせの癖などを実際にチェックし、患者様のご要望(セラミック歯の白さの指定やセラミック歯の大きさ、形の指定)を伺います。
2回目以降
セラミック歯の適合状態、形、色のチェック
患者様の情報やご要望をもとに仮作製されたセラミック歯を削った歯に仮装着し、患者様にモニターや手鏡でセラミック歯の色や形をチェックして頂きます。
歯科 通販
≪患者様からご要望があった場合≫
歯の形
最初に、セラミック歯の形を仕上げます。
患者様にモニターや手鏡をご覧いただきながら、ご納得のいく形に整えて参ります。
歯の色
次にセラミック歯の色を仕上げていきます。セラミック歯を患者様のお口の中に仮装着した状態で歯科医師の指示により歯科技工士がセラミック歯に色をお塗りします。患者様にはその間、モニターや手鏡をみて頂きながら「ここの部分はもう少し透明感をだしてください」「全体的にもう少し白くしてください」「やはり白すぎて不自然なので隣の歯の色に合わせてみてください」など納得のいく色になるまでご希望を伝えていただきます。
※ハイブリッドセラミックにつきましては、材質的な問題から、直接の色塗りはできません。色塗りが可能なセラミック歯につきましては、治療の種類別のページをご覧ください。
セラミック歯の作製
患者様の納得のいく形や色にセラミック歯が仕上がったら、患者様に少しの間お待ち頂き、その間クリニックに院内に常駐している歯科技工士がセラミック歯を焼いて仕上げます。
仕上がったセラミック歯の仮装着
仮装着期間は3日~1週間程です。その間実際にお食事をして頂き、不具合がないか?また太陽などの天然光や蛍光灯などの下でセラミック歯の色に不自然さがないか?などをチェックして頂きます。
ハンドピース
3回目
かみ合わせの調整・セラミック歯の装着
仮装着期間に不具合がなければ、セラミック歯を患者様の削った歯に本装着して治療を終了します。
「やはりもう少し白くして頂きたい」「白すぎて不自然なので隣の歯の色に近づけて頂きたい」「もう少し丸みのある女性的な形になおして頂きたい」など気になる点がございましたら、患者様が納得のいくセラミック歯が出来上がるまで3~5の作業を繰り返して参ります。
ご納得をいただけるまで、何度でも調整いたしますので、よく聞かれるような「仕上がりが想像していた物と全く違っていてショックを受けた」、「見た目は美しくなったけど、かみ合わせに違和感があって不満足」などのご心配は無用です。
本装着してしまった後には調整はできませんのでご注意ください。  


Posted by koikenina at 17:07Comments(0)

2020年08月04日

乱れた歯並びや噛み合わせを整えるのが、「矯正歯科」の治療です


乱れた歯並びや噛み合わせを整えるのが、「矯正歯科」の治療です。見た目の悪さを改善してコンプレックスを解消するだけでなく、発音障害を改善したり、物を噛みやすくして歯や内臓への負担を軽減したりといった効果が期待できます。一般的な治療法は、「矯正装置」を口内などに取り付けて歯や顎の骨をゆっくりと動かし、正しい歯並び・噛み合わせへと導いていく方法です。

歯の病気にかかりやすくなる
歯並びが悪いことでブラッシングしにくい部分ができ、そこにプラークなどが溜まることで虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
歯科用エアーコンプレッサー
食べ物の消化が悪くなる
噛み合わせが悪いとよく噛むことが難しいため、消化吸収が悪くなります。効率的なエネルギー変換が行えないため、子供の場合は成長に悪影響を及ぼす可能性もあります。

発音が悪くなる
歯並びが悪いことで舌の動きが阻害されたり、歯の隙間から空気が抜けたりすることで正確に発音できなくなることがあります。

肩こりや頭痛になりやすくなる
噛み合わせが悪いと、物を噛むときに余計な力がかかり、骨格や筋肉のバランスを崩して肩こりや頭痛を引き起こすといわれています。
歯科顕微鏡
顎関節症の原因になる
顎関節症とは、口があまり開かなくなったり、顎を動かすと痛みを感じたりする病気のこと。ストレスや歯ぎしりなどさまざまな要因で引き起こされると言われており、歯並びの悪さも原因の一つとされています。
  


Posted by koikenina at 16:31Comments(0)