健康、生活 › 2020年08月11日

2020年08月11日

審美歯科治療というと皆さんどのようなイメージをお持ちでしょうか?

被せ物をセラミックの綺麗な被せ物にする。ホワイトニングで天然歯を白くする。プラスチックの劣化で変色した詰め物や前歯の被せ物を天然歯に似せた被せ物に取り換える。確かに正解なのですが広い意味で言えば、歯並びの悪さを歯列矯正で綺麗にする。バネの見える入れ歯をやめてインプラントで白い歯を取り戻す事も、見た目を良くする審美歯科治療になります。審美歯科を行うには広い知識と技術と経験が必要な治療法なのです。単純に銀歯をセラミックに変えるだけではないのです。
歯科用コンプレッサー
歯を再現する際に被せ物や詰め物には多くの素材があります。日本は保険診療が広く浸透されている為、虫歯の治療には小さい時はプラスチックを詰め、大きくなると奥歯は銀歯、前歯は金属の表面にプラスチックを貼り付けた被せ物になります。多くの日本人は何の疑いもなく銀歯が虫歯治療の世界基準だと思っています。先進国の歯科治療はメタルフリーの治療が当たり前で、セラミック治療のCAD/CAMによる被せ物の機械による削りだし化が進んでいます。歯科治療において世界の中で日本は取り残されています。

セラミックが選ばれる理由は天然歯に近い色調と透明感を再現するのに最善の治療だと考えがちですが、歯科医師が薦める理由はむしろ歯を長持ちさせるのに最善の治療だからです。なぜならばプラスチックや銀歯のように経年劣化による変色や黒ずみが無く美しさを持続する。表面がつるつるしているので汚れが付きにくく歯周病になりづらい。
歯科顕微鏡
プラスチックのような水分や汚れの吸収性が無いので口臭が減る。銀歯にありがちな歯肉の黒ずみが無く金属アレルギーにもなりません。硬すぎる銀歯は歯との接続部分や咬み合う歯を傷めますがセラミックにはありません。歯に異常な力が掛かった時にはセラミック自体が割れる事で土台の歯を守ります。歯を長持ちさせるのに繋がり、体に優しい治療なのです。  


Posted by koikenina at 11:35Comments(0)

2020年08月11日

ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります

セラミック治療
セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にすることができます。

セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。
金属の詰め物が気になる方におすすめです。
ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。
治療費はやや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりになります。
歯科用コンプレッサー
セラミッククラウン
セラミック(陶器)のみで作られた歯のかぶせものです。
金属を全く使用していないので、金属アレルギーの方も安心して装着頂けます。
色調や透明感に優れているので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができます。そのため、前歯など目立つ部分の歯の治療にも適しています。
歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善できます。
歯科 集塵機
ホワイトニングとは
加齢など内側からくる変色や、日頃の食事、飲み物、喫煙など外側からくる汚れで、歯の色は少しずつ変わってきます。
こうした変色、汚れは丁寧なブラッシングだけでは、なかなかきれいに落とせません。
ホワイトニングは、普段の歯磨きや、歯のクリーニングなどでは落としきれないような色素を分解して、歯を白くしてくれます。
ホワイトニング剤の主成分は過酸化水素です。
歯の表面に付着した色素を落とすだけではなく、歯の中にある色素を内側から分解して歯自体を白く美しくします。  


Posted by koikenina at 11:16Comments(0)

2020年08月11日

ハイブリッドセラミックとセラミックの違い

ハイブリッドセラミックは、歯科治療に使われる樹脂素材のひとつで、レジンと言う樹脂素材にセラミックの微粒子を練りこんだものです。詰め物として使用されたり、被せ物として使用されたりすることがある素材です。ハイブリッドセラミックには、セラミックという名前が付いていますが、陶器であるセラミックよりも樹脂の方に近い性質を持っており、施術方法もレジンとよく似ていることが特徴です。ハイブリッドセラミックは、セラミックよりも安い治療費で、天然の歯に近い自然な仕上がりや強度や耐久性がレジンよりも高いことから良く使われている歯科治療の素材です。
歯科用コンプレッサー
ハイブリッドセラミックのメリット
ハイブリッドセラミックは、陶器であるセラミックの微粒子を樹脂に混ぜ込んで作る素材なので、銀歯のように金属成分が染み出して歯茎の黒ずみを引き起こしたり、金属アレルギーを起こしたりする心配がないというメリットがあります。樹脂は適度な柔軟性があり、噛みあう歯にダメージを与えにくいというメリットがありますが、耐久性や強度がセラミックと比べると低いので、ハイブリッドセラミックにすることにより強度を高めることができるということもメリットです。セラミックと比べると材料が安いため、セラミックよりも安い費用で治療を行うことができて、見た目も樹脂よりも自然の歯に近く変色しにくいというメリットがあります。
マイクロスコープ 歯科
ハイブリッドセラミックのデメリット
ハイブリッドセラミックは、安い費用で治療をすることができる樹脂の強度や耐久性を高め、変色しにくい自然な歯に近い色に仕上がるというメリットがありましたが、セラミックと比べると強度や耐久性は低いことがデメリットです。見た目はセラミックの方が透明感や色合いなどが自然の歯に近く、美しいので、高い審美性を求めるならセラミックを選ぶことをおすすめします。費用と合わせて考えて、自分が納得できる物を選ぶようにすることが大切ですが、セラミックは高すぎると思っている人でも、レジンとセラミックの長所をあわせ持つハイブリッドセラミックでの治療なら受けることができる場合があります。  


Posted by koikenina at 10:58Comments(0)