健康、生活 › 2020年08月17日

2020年08月17日

部分的に歯を失ってしまった場合に用いる入れ歯です

「喋りにくい」「痛みを感じる」「入れ歯安定剤が欠かせない」など、入れ歯に関するお悩みはございませんか?入れ歯はご自身の歯ではないので多少の違和感を覚えることもありますが、しばらく装着していても慣れない場合、入れ歯が合っていないことが考えられます。

当院では、保険適用のものから保険適用外のものまで豊富に取り揃えております。
患者様のお悩みに合わせて、ぴったりの素材をご提案させていただきますのでお気軽にご相談ください。
歯科ハンドピース滅菌
入れ歯の種類
部分入れ歯
部分的に歯を失ってしまった場合に用いる入れ歯です。
歯が抜けてしまった部分に、その歯の代わりをする人工歯と、歯茎の代わりをするピンク色の床を、残っている歯にクラスプ(金属の留め具)で固定します。

総入れ歯
全ての歯を失ってしまった場合に用いる入れ歯です。
歯の代わりをする人工歯と、歯茎を補うピンク色の床でできていて、粘膜の吸着力で固定します。

金属床
金属のため熱を通しやすく、食事の温かさや冷たさを感じることができるため食事をおいしく食べることができます。丈夫で薄いため、装着感がよく強度があります。
マイクロモーター
ノンクラスプデンチャー
金属を使用せず、柔らかい素材でできた入れ歯です。
歯茎と同じ色の素材のため、一目で入れ歯だとわかりにくいことが特長です。装着感もよく、金属アレルギーの心配がありません。  


Posted by koikenina at 17:30Comments(0)

2020年08月17日

ラミネートベニアは、歯の表面を0.5mmくらい削りその上に薄いセラミックを、付け爪のようにはりつける方法です

審美歯科とは 様々な方法で美しい歯並びと、白く美しい歯を手に入れる治療方法です。
歯や口元にコンプレックスをお持ちの方は沢山いらっしゃるでしょう。美しい歯並びと白く美しい歯を手に入れ、心からの笑顔を取り戻すための治療が審美歯科です。一般の歯科治療では、機能の回復を中心に治療し、治療した後の見た目の美しさや、周りの歯との違和感のなさに注意が払われない場合があります。審美歯科を中心に診療している医院では、治療後の自然さと美しさに重点を置いて治療をしています。
生体情報モニター
ラミネートベニア
ラミネートベニアは、歯の表面を0.5mmくらい削りその上に薄いセラミックを、付け爪のようにはりつける方法です。歯が黒ずんでいたり、前歯にすき間が空いたりしている場合には、ホワイトニングでは、効果が期待できません。ですから、このような場合にはラミネートベニアをおすすめしています。また、ラミネートベニアでは歯の色と同時に歯の形を美しく変えられます。 2~3回の通院で仕上がりますので、患者様の負担が少なくてすむのも特徴です。

セラミッククラウン
オールセラミックスは、セラミック(陶材)製の単体のかぶせもののことです。
これは、歯を約1~1.5mmほど削り、その上にセラミッククラウンをかぶせることで、歯並びやかみ合わせだけでなく、見た目も美しく変えます。つまり、短期間で美しい口元に変えたいという方に適した治療法と言えます。使用するセラミックは、天然歯と同じくらいか、それ以上の強度がある陶材ですから、金属アレルギーの心配がありません。また、変色がなく自然な透明感を長く保つことができます。
歯科 鉗子
セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。虫歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、虫歯治療をした部分を埋める場合に用います。
セラミックインレーは、ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。保険適用外となりますので、治療費は、やや高くなりますが、詰めた部分の仕上がり が美しく、変色がありません。自然な仕上がりを求める方にはおすすめです。  


Posted by koikenina at 17:07Comments(0)