健康、生活 › 2020年08月25日

2020年08月25日

プラークが石のように硬くなった“歯石”を、超音波スケーラーや手用のスケーラーを用いて丁寧に取り除いていきます

「歯医者さんは歯が悪くなったら通う場所」とお考えの方も多いでしょう。
しかし歯は一度失われると、髪の毛や爪のように再び元に戻るようなことはありません。むし歯を繰り返すたびに歯質は失われていき、やがてその歯は寿命を迎えてしまいます。つまり生涯にわたり自分の歯で食べ続けるためには、何より“むし歯にならないこと”“歯周病にならないこと”が一番の近道なのです。予防歯科は従来のような悪くなった歯を削る・抜く治療ではなく、歯を削らない歯・抜かないための取り組みをおこなう診療科です。ぜひ私たちと一緒に、自分の歯を1本でも多く残すための予防歯科をはじめていきましょう。
歯科用品
PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
普段の歯磨きでは落としれない細かいすき間の汚れを、専用の機器を使って隅々までキレイに取り除いていきます。処置後は「お口の中がスッキリした!」「歯がツルツルして気持ちいい!」と多くの方に好評です。

歯石除去
プラークが石のように硬くなった“歯石”を、超音波スケーラーや手用のスケーラーを用いて丁寧に取り除いていきます。
歯石はそれ自体が歯に悪い影響を与えることはありませんが、ザラザラした表面には細菌が付着しやすく、新たなむし歯や歯周病、口臭の原因になってしまいます。また歯石は歯ブラシなどでは落とせないため、定期的なクリニックでの除去をお勧めしております。

エアフロー
エアフローは非常に細かいパウダーを歯面に吹きつけ、歯の表面のネバネバ(バイオフィルム)や茶渋、タバコのヤニ汚れなどを落としていく機器です。微細パウダーが歯と歯の間などの細かいすき間の着色汚れもキレイに洗い流し、その歯本来の色を取り戻していきます。
歯科 タービン 滅菌
フッ素塗布
フッ素には歯質を強くするほかに、歯の表面の修復作用(再石灰化作用)をうながしたり、むし歯菌が酸を産出するのを抑えたりする働きがあります。歯石除去、PMTCなどのクリーニングの後にフッ素塗布をおこなうと、その効果がより高められます。  


Posted by koikenina at 12:54Comments(0)

2020年08月25日

定期検診を受ける適切な頻度とは?

皆さんこんにちは。
えのもと歯科です。
 
歯科の定期検診は、むし歯や歯周病といったお口の病気を予防する上で非常に有効ですが、どのくらいの頻度で通ったらいいのか、迷ってしまいますよね。そこで今回は、歯のクリーニングやブラッシング指導などを受けることができる定期検診の通院頻度について詳しく解説します。
 歯科用コンプレッサー
一般的には3ヶ月から半年に1回
全身の健康状態を調べる健康診断は、1年に1回、職場や学校で受けている人が多いかと思いますが、歯科の定期検診はもう少し高い頻繫で受けた方が好ましいといえます。具体的には、3~6ヶ月に1回の受診が一般的で、人によってはもう少し間隔を狭めて、あるいは広げての受診が勧められることもあります。
 
どうして1年に1回ではいけないの?
3ヵ月に1回の頻度で定期検診を受けるとなると、なかなか時間を割くことができない、という方もいらっしゃるかと思います。健康診断が1年に1回なら、歯科検診もそれと同じ頻度で良いのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
 マイクロスコープ 歯科
けれども、それではむし歯や歯周病をしっかりと予防するのは難しくなります。なぜなら、これらの病気は比較的進行が早く、1年という長い期間を置いていると、取り返しのつかない状態まで悪化してしまうことも珍しくないからです。それだけに、3~6ヶ月という比較的短い間隔での受診をおすすめしております。
 
定期検診では予防処置も受けられる
歯科の定期検診というのは、むし歯や歯周病があるかどうかを調べるだけではありません。これからもむし歯や歯周病にかからないように、さまざまな予防処置も受けることができるのです。そうした点も踏まえると、3~6ヶ月に1回の受診でもそれほど頻繁ではないということがおわかりいただけるかと思います。
   


Posted by koikenina at 12:39Comments(0)