健康、生活 › 2020年09月14日

2020年09月14日

医者は歯や歯茎など口腔内に異常を感じたら行く所と思っていませんか?

医者は歯や歯茎など口腔内に異常を感じたら行く所と思っていませんか?痛みやしみる、歯茎から血が出るといった何らかの症状が出てから歯科医を訪れると、削る・抜くといった治療が必要になってきます。歯は一度削ってしまうと、健康な歯に比べてもろく再度虫歯になりやすくなってしまいます。いつまでも自分の歯で食事し、会話を楽しむためには早いうちから予防をする必要があります。より虫歯や歯周病になりにくい歯にするためには日頃の歯磨きだけではなく、定期的に歯医者に通い歯のお掃除をすることが大切です。

PMTCによる歯のお掃除
PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略で、歯に付着している日々の歯磨きでも落とすことができないタバコのヤニや茶渋といった汚れや、バイオフィルムを歯科衛生士が専用の器具を使い、しっかり落とす治療のことです。
超音波スケーラー
PMTCの必要性
毎日しっかりと歯磨きをしていても歯と歯の隙間や、歯と歯茎の隙間、またブラッシングの癖などで磨き残し部分ができてしまうことがあります。磨き残しがあると、磨き残しをエサに細菌が繁殖し歯の表面に「バイオフィルム」と呼ばれる膜を張り、内部で菌を増殖させていきます。バイオフィルムが形成されてしまうと、日頃のブラッシングでは除去がしにくくなってしまいます。この菌が増殖することで虫歯や歯周病になってしまいます。定期的にPMTCを行うことで磨き残しやバイオフィルムといった虫歯や歯周病の原因となるものを除去することができます。
ダイヤモンドバー
PMTCの流れ
1.プラーク(歯垢)の染め出し染め出し液を歯全体にまんべんなく塗っていきます。
染め出し液によって磨き残しやプラーク(歯垢)や歯石が溜まっている所が赤く染まっていきます。
多くある箇所は、より鮮明なピンク色になります。
患者さまも確認していただけるので自分のブラッシングの癖を確認することができます。
2.ブラッシング染め出した後、歯科衛生士がブラッシングを行います。
ブラシングでも取れないバイオフィルムなどは特殊な機械と薬剤によって除去していきます。
3.バイオフィルムの除去専用の器具を使用しバイオフィルムを完全に除去していきます。
その後、機械やフロスを使用して表面や歯と歯の間を磨いていきます。
4.フッ素塗布歯全体の清掃が終わったら、全体にフッ素を塗布していきます。
フッ素を塗布することで虫歯になりにくくすることが可能となります(絶対ならないというわけではありません)
  


Posted by koikenina at 15:53Comments(0)

2020年09月14日

予防歯科とは、「病気を治す」ためではなく、「病気にならないようにする」ために行われる治療です

「歯科医院は歯が痛くなってから行くところ」とお考えになっている方も多いと思いますが、歯科医院の活用方法はそれだけではありません。

「歯を病気から守るための場所」でもあるのです。患者様の歯の状態によっても異なりますが。当クリニックでは3ヶ月から半年に1回程度、定期的にお越しになりメンテナンスを受けられることを推奨しています。
超音波スケーラー
PMTC
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、ブラッシングなどのご自宅でのケアだけでは落としきれない歯垢(プラーク)、歯石などの汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使ってきれいに除去するクリーニングです。PMTCを受けることで効果的に病気予防がはかれるだけでなく、タバコのヤニなどの着色汚れを落として、歯を白くきれいにすることも可能ですので、歯の色のことでお悩みの方にもおすすめです。

フッ素塗布
フッ素を歯の表面に塗布することで、歯をむし歯になりにくくします。フッ素塗布には、歯の再石灰化の作用や、むし歯の原因菌が作る酸により、歯が溶けるのを抑制する効果などがあります。年に2~4回程度定期的に塗布することで、さらに予防効果を高めることができます。
生体情報モニター
ブラッシング指導
患者様の歯の状態や、ご自宅でのブラッシング方法を確認させて頂いた上で、適切な磨き方やブラシの選び方などをアドバイスさせて頂きます。むし歯や歯周病などの病気から歯を守るためには、当クリニックでのクリーニングだけでなく、ご自宅で適切なケアを行うことが重要となります。是非、当クリニックで正しいブラッシング方法を身につけて頂き、病気予防に努めて頂ければと思います。
  


Posted by koikenina at 15:34Comments(0)