健康、生活 › 2020年09月25日

2020年09月25日

金属床義歯には3つのメリットがあります

入れ歯の種類
シリコンデンチャー
従来までの入れ歯の悩みを大幅に改善するということを目的として開発されたのが、シリコンデンチャーと呼ばれる新時代の入れ歯です。
シリコンデンチャーでは、今までのような入れ歯についているクラスプと呼ばれる金具の役割をバイオシリコンが果たしています。そのため、クッション効果によってしっかりと食べ物を噛みしめること可能で、更に残っている歯をバイオシリコンによって守ることにもなります。
粘膜や粘膜下組織にも優しい無味無臭の素材で、使い続けることによる劣化も生じにくく、柔らかい状態でいつまでも使い続けることが出来ます。また、お口にしっかりとフィットする高い精度も実現しやすいです。
ホワイトニング 照射器
金属床義歯
金属床義歯には3つのメリットがあります。
金属床では、違和感を最小限に抑えられます。プラスチック床の入れ歯の場合、強度を保つためにどうしても分厚くしなければいけません。それが違和感を引き起こす原因ですが、金属床義歯の場合、薄くても強度があるため入れ歯を装着した時の違和感を最小限に抑えることが可能です。
プラスチック床の入れ歯の場合、強く噛むことでたわんでしまうため、長期間使用することで劣化が生じ、徐々に変形していってしまいます。金属床の場合はこのようなたわみや変形が起こりにくいため、噛み心地がしっかりと安定します。
上顎を覆う分厚いプラスチック床の場合、食べ物の温度が伝わりにくいです。金属床であれば熱伝導によって食べ物の熱さや冷たさをしっかりと感じることができます。
生体情報モニター
磁性アタッチメント義歯
歯の根に支えとなる磁性金属を入れ、磁石をセットした入れ歯と磁力によってぴったりと密着させるというのが磁性アタッチメント義歯です。がたつかず、装着や取り外しも簡単なためお手入れも快適に行なえます。
歯を出来るだけ保存する治療である磁性アタッチメント義歯は磁力の強さを調整出来るため部分入れ歯にも総入れ歯にも適用可能で、金属のバネが不要のため見た目もよく、しっかり強い力で噛むことが出来ます。
  


Posted by koikenina at 15:54Comments(0)

2020年09月25日

入れ歯はその形状によって、『部分入れ歯』と『総入れ歯』の2つのタイプに分類されます

部分入れ歯
ご自身の歯が残っている場合に装着する入れ歯です。歯のない部分に床(しょう)を被せ、その上に歯のかわりとなる人工歯が並びます。さらにクラスプという金具を残っている歯にかけて、入れ歯を維持していきます。
歯科 通販
総入れ歯
ご自身の歯が1本も残っていない場合に装着する入れ歯です。顎全体を床(しょう)で覆い、その上に歯のかわりとなる人工歯が並びます。床と粘膜の吸着で入れ歯を維持していきます。

保険の入れ歯
床と人工歯にプラスチック、クラスプに金属を用いて作製します。保険が適用されるため費用が安く、また比較的短い期間で入れ歯が完成します。ただ保険のプラスチックは割れやすいため、強度をもたせるためにある程度の厚みが必要になります。そのため装着時の違和感が強く、舌のスペースが狭くなると会話にも支障がでる場合があります。またクラスプに金属が使用されるため、装着する部位によっては見た目が悪くなります。

ノンクラスプデンチャー
保険のプラスチックよりも柔らかい、特殊な樹脂でつくる入れ歯です。クラスプ部に金属を使用しないため、見た目に優れています。また柔らかい床が歯ぐきにぴったりとフィットし、違和感や咬みにくさなどが軽減されます。
マイクロスコープ 歯科
金属床
床の一部に金属を使用した入れ歯です。入れ歯の違和感がでやすい上あごや、舌に接する部分を薄い金属に置き換えることで、入れ歯による不快感を軽減できます。また金属は熱を伝えやすいため、食事の際に「冷たい」「温かい」といった温度変化が感じられるようになります。  


Posted by koikenina at 15:37Comments(0)