健康、生活 › 2020年10月12日

2020年10月12日

虫歯は虫歯菌が引き起こす病気であるといわれています。

歯の表面は硬いエナメル質でできていますが、虫歯菌が出す酸性物質がエナメル質の表面を溶かして虫歯になります。虫歯という名前の由来は、虫が歯を食べると考えられていたためです。

虫歯になる原因
歯の表面のエナメル質は食事のたびに自然に溶け、唾液で再石灰化し、修正されます。このためダラダラとした食事や間食をするのが好きな人は虫歯になるリスクが高くなるのです。また、唾液にも大きく影響され、唾液の量が少ない人は虫歯になりやすいといわれています。歯磨きは大切なのですが、唾液の量が少なかったり、よく間食をする人はより虫歯になりやすいのです。
歯科 オートクレーブ
虫歯の治療
虫歯にはその段階によってC1~C2までの4段階があります。それぞれの段階によって虫歯の治療法が異なります。各段階の代表的な治療法を説明します。

1)C1
虫歯の初期段階です。虫歯はエナメル質に留まっていますので治療はさほど難しくはなく、虫歯の部分を削って詰め物を入れます。
最新の治療では唾液の検査をして虫歯の原因を確かめ、歯を削るかどうかを判断します。

2)C2
エナメル質の下にある象牙質に虫歯が広がった状態です。マイクロスコープ(歯医者用の顕微鏡)で観察して、虫歯に侵されている部分だけを削り取ります。
削った部分には詰め物を入れます。
超音波スケーラー
3)C3
虫歯が進行して象牙質からさらに先の歯髄にまで達した状態です。歯髄は大切な器官で歯に栄養を供給していますから歯髄が犯されると歯の寿命は短くなります。
歯髄を綺麗にして詰め物を入れ、被せ物をする治療を行います。治療には数日かかります。

4)C4
虫歯が歯全体にダメージを与えた状態です。歯を残して治療することも可能ですが、通常は抜歯することになります。
抜歯した後に入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの治療を行います。  


Posted by koikenina at 16:20Comments(0)

2020年10月12日

歯周病とは文字どおり歯の周りの病気…すなわち歯肉の病気です

歯周病の原因菌に感染することで起こるため、歯周病は細菌による感染症です。さらに、その要因が日常生活の中にも潜んでいることから、歯周病は生活習慣病ともされています。また、歯周病菌はプラークの中に存在しているため、予防方法のメインはそれを除去するための歯磨きであり、予防方法は虫歯と全く同じになります。高齢の人がなる病気のイメージですが若い人でも歯周病になりますし、実際に日本人の成人のおよそ7割が歯周病を抱えていると言われています。

歯周病の症状
歯周病で起こる症状は一定ではなく、進行度によって異なります。
この進行度は正確には初期段階、中期段階、重度段階の3段階に分けられており、
初期段階の歯周病を歯肉炎、中期段階の歯周病を歯周炎、重度段階の歯周病を歯槽膿漏とも呼びます。
超音波スケーラー
初期段階の歯周病(歯肉炎)の症状
歯周ポケットの深さが3ミリ~4ミリの状態で、歯肉が炎症を起こして腫れや変色が見られるようになります。
また、その影響で歯肉がちょっとした刺激を受けるだけでも出血しやすくなります。
このため、食事や歯磨きの際に歯肉から出血することがあります。

中期段階の歯周病(歯周炎)の症状
歯周ポケットの深さが6ミリ~7ミリの状態で、歯周病によって歯槽骨が徐々に溶かされていきます。
この歯槽骨は歯を支える役割を果たしているため、溶かされることで歯は支えを失って不安定になります。
その結果歯はグラつくようになり、さらに歯肉の退縮によって歯の根元が露出して歯が長くなって見えます。
エアーモーター
重度段階の歯周病(歯槽膿漏)の症状
歯周ポケットの深さが7ミリ以上の状態で、歯槽骨はより溶かされ、歯は浮いているような状態になります。
こうなると硬いものを噛むことができなくなり、いつ抜け落ちてもおかしくありません。
歯肉からは血液混じりの膿みが出て、細菌の繁殖によって口臭も酷くなります。
…歯周病の症状をまとめると、歯肉が炎症を起こし、進行することで歯槽骨が溶かされていきます。そして歯槽骨が溶かされることで歯は不安定になり、最終的には抜け落ちてしまいます。
  


Posted by koikenina at 16:00Comments(0)