健康、生活 › 2020年10月20日

2020年10月20日

詰め物(インレー)とは、むし歯を削った後に歯に詰める物です。

銀歯が気になる方
詰め物・被せ物による治療
詰め物(インレー)
詰め物(インレー)とは、むし歯を削った後に歯に詰める物です。
従来の詰め物(インレー)には、アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ってしまうなど、見た目が良いと言えるものではありませんでした。セラミックを使用することで、治療した場所が目立たず、健康的に見せることができます。また、強度が劣ってしまいますが、保険適用内のプラスチックでも白い詰め物(インレー)を作製することも可能です。
タービン 歯科
被せ物(クラウン)
被せ物(クラウン)とは、むし歯を削った後に歯全体を補う被せ物です。ブリッジとは、欠損した歯の両隣の歯を支えにして修復する治療法です。 むし歯の進行の度合いによっては被せ物やブリッジで治療を行います。セラミックを使用すると、金属やプラスチックでは得られない白く透明感のある天然歯のような輝きを取り戻すことができますが、こちらは自費診療となります。

ラミネートべニア
ベニアとは、歯を修復した部分に貼り合わせる薄い板です。歯の色がくすんでしまったり、怪我などで歯の一部を欠損してしまった場合などは、セラミックの薄い板を貼り合わせる治療でお悩みを解決します。天然歯のように健康的な色やツヤを再現できます。

ジルコニアセラミック
ジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれ、アクセサリーや包丁などにも使用される軽くて美しく、とても硬い素材です。
白い金属として生活に用いられるようになったジルコニアは、スペースシャトルの表面タイルや人工関節などに使用され、生体親和性が非常に高く、丈夫で安全なセラミックです。このジルコニアを金属の代わりに使用し、より審美性の高いセラミックを何重にも重ねて仕上げているのが当院のジルコニアセラミックです。
歯科 通販
特徴は…
硬くて丈夫な人工歯のため、噛み合わせの強い奥歯やブリッジにも使用が可能。
透明感があり、変色もほとんどない。
金属と比べて軽く、金属アレルギーの心配がない。
などが挙げられます。  


Posted by koikenina at 13:14Comments(0)

2020年10月20日

虫歯や歯周病を未然に防げる

予防の重要性
歯科医院に行くのは、どんな時ですか? 多くの方が、「むし歯になったら」「痛いところがあるから」などと答えられるのではないでしょうか。しかし、実はこれでは遅いのです。歯科先進国である欧米では、「歯科医院とは痛くなる前に行くところ」というのが常識となっています。なぜなら、むし歯や歯周病になって一度削ったり抜いたりした歯は元に戻ることがなく、さらに再発しやいというリスクを背負ってしまうからです。年齢を重ねてからも自分の歯で過ごすためには、悪くなる前に歯科医院に通って予防やメインテナンスに励むことがとても重要なのです。
歯科材料 通販
予防することのメリット
メリット1 虫歯や歯周病を未然に防げる
むし歯や歯周病の発症を未然に防ぐのはもちろん、もしも治療が必要になった場合にも、早期発見・早期治療が可能になります。
メリット2 治療の負担を軽減できる
症状が悪化すればするほど、治療の痛みや費用など、患者様の負担は増してしまいます。予防に取り組むことで、それらの負担を軽減できます。
メリット3 お口を常にスッキリと保てる
定期的にプロの手でクリーニングすることで、お口の中はいつもスッキリ。病気の原因の除去や口臭予防にも効果的です。

定期検診メニュー
歯垢の染め出し
日頃のブラッシングには、どうしても自分のクセがあるものです。染め出し液を使って歯垢の染め出しを行い、みがき残しやすい部分をチェックします。
歯科用ハンドピース
ブラッシング指導
歯垢を染め出した結果をもとに、一人ひとりに適した正しいブラッシング方法を指導します。「みがいたつもり」を卒業し、きちんときれいにできる方法を身につけましょう。

フッ素塗布
フッ素には、歯の表面のエナメル質を再石灰化させる力があり、定期的に塗布することでむし歯に強い歯にすることができます。

PMTC
歯科衛生士が専門の器具を使ってクリーニングする処置「PMTC」。歯と歯の間、歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯垢を徹底的に取り除きます。定期的に行うとより効果的です。  


Posted by koikenina at 12:50Comments(0)