健康、生活 › 2020年10月22日

2020年10月22日

審美歯科とは「歯の機能を回復させる」「歯を美しく健康的にする事で、自信を回復させる」ことです

審美歯科とは「歯の機能を回復させる」「歯を美しく健康的にする事で、自信を回復させる」ことです。
審美歯科治療は一般的に見栄えを良くすることや、単に歯を白くする事だと考えられがちですが、外見上見える部分などと違い口の中の噛む機能を回復させ、その上でさらに歯を美しく見せる事と歯科医院は考えています。また、機能的に問題のない患者様には、より歯を美しく見せるために、ホワイトニングやクリーニングといった治療があります。
歯科 オートクレーブ
審美歯科のメリット
【審美性】
天然の歯に近い色合いと透明感があります。
長年使用しても変色がありません。
【機能性】
強度があり、硬い食べ物を噛んでも割れにくいです。
【安全】
金属を使用していない素材なら、金属アレルギーの心配がありません。
セラミッククラウン
歯の全面にセラミック製のクラウン(冠)を被せ、しっかりと固定する方法です。削った歯の型をとり、その歯型によってセラミックで製作したクラウンを合わせて、歯の色や形、歯並びなどの審美的要素をバランス良く修復し改善するものです。セラミックの持つ特殊な材質を十分に生かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますので、きわめて審美的効果が高い方法と言えます。
この治療の適応性は、位置がずれている歯、変色している歯、重度の虫歯、奇形歯、金属アレルギーの人などです。また、この治療の利点は、金属を全く使用しないので、金属アレルギーの方にも安心して受けることができること。そして自然歯のような仕上がりになる事も上げられます。欠点としては、歯を大幅に削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があります。
歯科 スケーラー
メタルボンド
歯の全体にメタル(金属※ゴールド)を被せ、表面にセラミックを焼きつけて歯の白さを再現する方法です。適用できる範囲が広く、変色歯はもちろんの事、大きさのふぞろいな歯、歯根部分だけしか残っていないような場合にまで対応可能で、見事に美しい歯が再生されます。利点は、審美性の高いセラミック、耐久性の高いメタルの両方の長所を兼ね備えた治療法です。欠点は、金属部分が溶け出し、歯茎に着色して、灰色になる場合があります。  


Posted by koikenina at 12:37Comments(0)

2020年10月22日

クラスプがなく目立たない入れ歯で、審美性・装着感ともに優れており金属アレルギーの方にも安心です

入れ歯の種類
部分入れ歯
使用する材質により保険診療のものと保険適用外のものがあり、どちらも毎日のケアが必要です。ブリッジのように歯に負担をかけず治療を行えますが、金属のバネで固定するため土台の歯に負担がかかります。また、金属のバネは異物感があり、口を開けたときに目立ちます。
歯科 器材 通販
総入れ歯
使用する材質によって、保険診療のものと保険適用外のものがあります。快適にお使いいただくためには、毎日のケアが必要となります。

保険の入れ歯
保険適応の入れ歯は費用を抑えて作製可能ですが、使用できる素材がプラスチックのみ。「クラスプ」という金属のバネを歯に引っ掛けて支えるタイプになるため外観的に劣り、噛む力は天然歯の約20~30%です。

ノンクラスプデンチャー
クラスプがなく目立たない入れ歯で、審美性・装着感ともに優れており金属アレルギーの方にも安心です。従来の方法で作成しているため壊れにくいのも特徴です。修理や調整も簡単で、長く快適にお使いいただけます。
超音波スケーラー
金属床入れ歯
金属床の入れ歯は丈夫で薄く、熱を伝えやすいため食事がおいしく感じられます。使用する金属によってさまざまな特徴があり、患者様のご要望に合わせてお選びいただけます。  


Posted by koikenina at 12:12Comments(0)