健康、生活 › 2020年10月29日

2020年10月29日

入れ歯の内面(床)を金属で仕上げた入れ歯です

金属床義歯
入れ歯の内面(床)を金属で仕上げた入れ歯です。
たわみがなくきちんと物を噛める上に、温かさや冷たさなど温度が伝わりやすくなるという利点があり、食事をより楽しみやすくなるでしょう。また、入れ歯の内面が薄い点も特徴です。お口に入れたときの違和感が抑えられたり、発音がしやすかったりなど、使いやすさの面で多くのメリットが。歯を支える骨が減少してしまう「骨吸収」を防ぐという利点もあります。ノンクラスプデンチャーとの併用が可能です。
歯科 タービン 滅菌
チタン床義歯
入れ歯の内面(床)をチタンで仕上げた入れ歯。金属床ではあるものの、軽いという特徴があります。たわみがなくしっかりと物を噛め、温かさや冷たさなどといった温度が伝わりやすく、おいしく食事を楽しめます。金属床義歯と同様に、歯を支える骨の減少を抑えられたり、お口の中での違和感を少なくしたり、発音しやすくなったり…といった利点も。こちらもノンクラスプデンチャーとの併用が可能です。チタンは、手術などの際に体の中に埋め込んでも問題がない金属。人の体にやさしく、金属アレルギーの心配もほとんどありません。

ノンクラスプデンチャー
入れ歯だと気づかれにくい、見た目重視の美しい入れ歯です。
他の入れ歯に比べると強度がわずかに劣るため、可能であれば入れ歯の内側を金属で仕上げる「金属床義歯」との併用が望ましいでしょう。
スケーラー 歯科
マグネットデンチャー
磁石の力を利用して安定させる入れ歯。取り外しがしやすい上に、入れ歯だと周囲に気づかれにくいという利点があります。歯の根が丈夫であれば、きちんと物を噛めます。また、噛んだときの感触が天然の歯と変わりません。
  


Posted by koikenina at 16:27Comments(0)

2020年10月29日

部分入れ歯は両隣の歯にバネを引っ掛けて入れ歯を安定させる仕組みです

歯を失ったときの選択肢には、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラントなどがあげられます。患者様の症状によっては選択することのできない治療法もありますが、それぞれの治療法のメリットやデメリットがありますので、もっとも合う治療を選択することが大切です。

入れ歯・義歯の基礎知識
入れ歯・義歯の種類
バネのある入れ歯(保険治療)
部分入れ歯は両隣の歯にバネを引っ掛けて入れ歯を安定させる仕組みです。土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性がありますが、保険で行える治療なので、費用が比較的安価であるという特徴があります。バネの部分が金属で出来ているので、大きな口をあけたときなどは目だってしまいます。
歯科商材
バネのない入れ歯(自費治療)
金具を使っていませんので、歯に優しく、金属アレルギーの方にも最適な入れ歯です。お口を開けた時に、金具が目立ってしまうことも無く、また付け心地もバネのあるタイプに比べてフィット感があり、自然です。

総入れ歯
プラスチックで出来た総入れ歯(保険治療)
保険適用の範囲で作られる入れ歯は、床と呼ばれる入れ歯の土台部分がプラスチック製のものになるのが一般的です。強度を出すためにプラスチックを分厚く作り、そのために熱の伝わりが悪かったり、装着時は厚みからくる違和感があります。保険を適用してつくるため、費用は安く抑えることができます。
歯科用オートクレーブ
金属で出来た入れ歯(自費治療)
床と呼ばれる土台部分に金属を使った総入れ歯です。金属で出来ているので熱の伝わりがよく、装着時の違和感も軽減され、プラスチックのものに比べるとおいしく食事も楽しむことができます。保険の制約がないため、見た目(審美性)や口腔機能の重視など色々な工夫がなされた様々な種類の入れ歯があります。
  


Posted by koikenina at 15:51Comments(0)