健康、生活 › 審美歯科は、近年の美容ブームもあり、行っている歯科医院が急増しました

2017年09月28日

審美歯科は、近年の美容ブームもあり、行っている歯科医院が急増しました

審美歯科とは、文字どおり歯を美しくするという意味ですが、本当の審美歯科の治療は、ただ単に歯をきれいにするだけでなく、歯と歯茎の健康も取り戻し、お口の中全体を健康で美しくするということです。

審美歯科は、近年の美容ブームもあり、行っている歯科医院が急増しました。しかし、その審美歯科治療の中で、本来の審美歯科の意味とは違って、ただ単に歯の見栄えをきれいにするという目的だけで、審美歯科治療を行ってしまい、後に歯や歯茎などに様々なトラブルや問題が起こってしまっている方々も少なくありません。

ラミネートベニア
ラミネートべニアとは、セラミックで作られたごく薄い板を削った歯の表面に貼り付ける施術です。削る量はほんの少しなので、歯に大きな負担をかけることはありません。また、歯と歯に隙間があったり歯の一部が欠けていたりする場合に、ホワイトニングでは白くできない歯の着色をカバーする治療方法のことです。

<ラミネートベニアのメリット>
歯を削る量が少ないため治療回数が少ない
色の後戻りがない
若干のすきっ歯の治療も可能
パルスオキシメーター
ジルコニアオールセラミック
ジルコニアオールセラミックとは表側にセラミック、内側にジルコニアを使用しています。素材に金属を使っていないため、金属が溶け出すことによるアレルギーの心配がありません。また、ジルコニアは腐食や強度にも強く、生体親和性が高いので、医療分野でも広く使われております。歯科治療における審美性の高い素材としても注目を集めており、奥歯やブリッジの素材として使用することもできます。

<ジルコニアオールセラミックのメリット>
色が歯に似ているので見た目が良い
土台に金属を使った場合でも、金属の色が透けて見えることがない
割れにくく、ほとんどの部位に使用できる
金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色、金属アレルギーなどの心配がない
仮止めで様子を見ることができる
マイクロスコープ 歯科
ホワイトニングとは
歯質を全く削除することなく歯の色調を変える方法です。
ホワイトニングの方法には、歯科医院でのみ行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で行うホームホワイトニングに分けられます。
またこれら2つを併用することもあります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。