健康、生活 › かつて歯科医院の役割といえば、「虫歯や歯周病の治療をすること」でした

2018年01月08日

かつて歯科医院の役割といえば、「虫歯や歯周病の治療をすること」でした

しかし近年では、それに「予防」が加わってきています。なぜなら本当の意味で歯を守るなら、治療をくり返して歯を削り続けていくよりも、予防によって治療をなくすことのほうが有意義だということが理解されてきたためです。予防には、毎日の歯みがきだけでなく、歯科医院での専門的なメンテナンスが欠かせません。

歯周病を防ぐ効果のある食べ物を摂取し、歯周病を悪化させる恐れのある食べ物を避けたとしても、歯周病が完全に防げる訳ではありません。生活習慣の乱れこそが、口の中の状態を乱れさせる原因となってしまうのです。食後に歯磨きを怠るのはもちろんNGですが、3食のリズムがきちんと整っていなかったり、一日中だらだらと何かを間食していたりすると歯周病のリスクが大幅にアップしてしまいます。
家庭用超音波スケーラー
だらしない生活習慣こそが歯周病を呼び寄せてしまうのです。またタバコの喫煙も歯周病のリスクを高めると言われています。タバコを吸う人が歯周病を発症すると、吸わない人と比べて治りにくいというデメリットもあるのです。タバコをどうしてもやめられない方は、吸わない人以上に食生活に注意し、しっかりと歯磨きを行いましょう。

口腔内の検査
特に気になる自覚症状がなくても「歯周病ではない」と判断することはできません。歯周病という病気は、腫れる、出血する、歯のぐらつきなどのはっきりとした症状が出たときには取り返しがつかないところまで進行していることがあります。症状が進行すればするほど治療が難しく、長期間の治療が必要になり、最悪の場合は歯を抜かなければなりません。
生体情報モニター
ブラッシング指導
ブラッシングは歯周病予防に効果的な予防法ですが、毎日きれいに磨いていると思っていても正しいブラッシングをしていなかったら歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を確実に落とすことはできません。 幼少の頃に教えられた歯ブラシの使用方法は、大人になるにしたがって、自己流になり、時には誤った方法で毎日のブラッシングを行っていることもあります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。