健康、生活 › 治療ではなく予防のために通いましょう

2018年01月25日

治療ではなく予防のために通いましょう

ひと昔前までは、歯が痛くなってから歯医者に行くという考え方が一般的でしたが、近年ご自分の歯の大切さや予防の重要性が広く浸透し、多くの方が歯が痛くなる前に予防歯科に行き、定期検診や予防ケアを受けるようになっています。

デンタルクリニックでは、いつまでも健やかな口腔内環境を保てるよう、患者様一人ひとりに応じた効果的な予防ケアをご提案しています。ご自宅でのブラッシングに加え歯科医院での定期検診・プロケアを受けて、積極的に口腔内の健康を守っていきましょう。

痛みが出てからでは遅い歯の病気
虫歯も歯周病も自覚症状が乏しい病気です。そのため、気付いた段階ではかなり進行しているケースが少なくありません。虫歯も歯周病も治療を受ければ治すことはできますが、虫歯で削った歯は元には戻りませんし、歯周病菌に溶かされた顎の骨も元戻りにはなりません。また、治療を繰り返せばダメージは蓄積されていき、最悪の場合歯を失ってしまうこともあるのです。
歯科治療器具
お口の健康にとって大切なのは、「痛くなる前に歯医者に行くこと」。痛くなってからでは遅いのです。歯科医院に定期的に通って病気の有無をチェックしてもらい、歯のクリーニングを受けましょう。

定期検診とメンテナンスの重要性
「ブラッシングしているのに虫歯になってしまった」という経験はありませんか? きちんとブラッシングをしているつもりでも完璧に汚れを取り除くのは難しいものです。磨き残しがあると、プラークや歯石が蓄積し、そこに潜む細菌が原因となり虫歯や歯周病が起こります。病気を引き起こす細菌を減らし健やかな口腔内環境を保つためには、定期検診・メンテナンスが非常に効果的です。定期検診でメンテナンスを受けた方と受けていない方では虫歯・歯周病の再発率が10倍以上も変わるという研究報告があります。
超音波スケーラー
3~4ヶ月に一度、定期検診にお越しください
健やかな口腔内環境を保つために、当院では3~4ヶ月に1度、定期検診にお越しいただくことを推奨しています。歯科医院での治療が完了した後、少しずつ口腔内にプラークや歯石が蓄積していきます。3~4ヶ月ごとにご来院いただくことで、口腔内環境を健やかな状態にリセットすることができ、再発や進行を防ぐことができるのです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。