健康、生活 › メインテナンスを定期的に行わないと、確実に歯周病は進行したり、再発してしまいます

2018年01月25日

メインテナンスを定期的に行わないと、確実に歯周病は進行したり、再発してしまいます

予防歯科のメニューに、PMTCというものがあります。いつまでも口の中を健康に保つために大切なことは、病気になってしまってから治療することではありません。病気を予防することが大事です。虫歯や歯周病も予防方法が確立されているので、歯科医院で予防処置を受けていれば、実は怖くないのです。また、定期検診を受けていれば仮に虫歯や歯周病を症状がかるい状態で発見できるので、治療の負担も減ります。虫歯も歯周病も重症化すると、抜歯せざるを得ないケースも出てきます。大がかりな治療が必要になる前に、予防歯科を活用していつまでもお口の健康を維持していきましょう。
ハンドスケーラー
予防歯科のメニューに、PMTCというものがあります。PMTCとは、専用器具を使って歯をクリーニングする処置です。歯ブラシではなかなか届かないような歯と歯茎の間(歯周ポケット)や、歯の裏に溜まった細菌の塊(バイオフィルム)や歯垢(プラーク)をキレイに除去できます。また専門的な訓練を受けているスタッフが施術をしますので、歯を傷つけることもなく痛みもありません。利用したことのある方の感想では、口の中がすっきりすると好評です。

歯周病の基本的な知識
メインテナンスの重要性
メインテナンスの目的
メインテナンスは、持続的なバイオフィルムの破壊と除去を行って治療によって得られた口腔内の健康な状態を維持させ、再発を防止することを目的としています。具体的には、歯周ポケット内の歯周病原菌であるグラム陰性菌群は、処置した後12~16週で、もとの歯周叢に戻る傾向があります。そこで、細菌の量が悪影響を起こしだす前に、プロフェッショナルバイオフィルムコントロールを行って、歯周病の再発を予防する為に、その人の歯周環境に応じた、今後のメインテナンス・プログラムを決定します。
超音波スケーラー
リコール(次回来院日)を必ず守りましょう
メインテナンス・プログラムにそってリコールが指定されます。この間隔は、基本的に3ヶ月とされていますが、再評価やパーソナルプラークコントロールの程度によって、短くなったり、徐々に延ばされたりします。リコールは、必ず守ってください。もし、リコールでのメインテナンスを定期的に行わないと、確実に歯周病は進行したり、再発してしまいます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。