健康、生活 › 歯周病はどのように予防するのでしょうか?

2018年02月07日

歯周病はどのように予防するのでしょうか?

歯周病は細菌が原因で起こる感染症です。歯の周囲組織が破壊される病気で、日本人の約8割以上の方が歯周病にかかっていると言われています。歯周病は治療しない限り、最終的には歯を失ってしまう怖ろしい病気です。さらに、私たちが歯を失う原因のおよそ半分は歯周病だという報告があります。歯周病はこのような怖ろしい病気ですから、患者様だけ、歯科医院だけが頑張って治る病気ではありません。患者様との信頼関係を築き、一緒に治療していかなければなりません。
患者様の健康を考えた上で歯周病についてしっかりとご説明し、早期発見・早期治療で歯周病の予防に取り組んでおります。

歯周病はどのように予防するのでしょうか?
歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢は、ご自身で除去できないため歯科医院にて清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。
オートクレーブ滅菌
歯周病は生活習慣病です
歯周病は細菌の繁殖により引き起こされる病気ですが、「お口のケア」「ストレス」などの影響を大きく受けるため、「生活習慣病」の一つとして認知されています。ですから、歯周病を予防するためには、日頃の食生活やストレスの改善、禁煙、充分な睡眠などに気を配ることが大切です。特に疲労やストレスにより免疫機能が低下してしまうことで、歯周病菌に対する免疫力が落ちて、歯周病が進行しやすくなり改善しにくくなってしまいます。
エアーモーター

歯磨きをしていれば、歯は健康に保てると思っていませんか? 歯磨きの習慣はとても大切なことです。しかし、それだけではむし歯や歯周病の予防ができないのも事実なのです。その理由は「バイオフィルム」。歯磨きでは除去できない強力な汚れです。バイオフィルムは、むし歯菌、歯周病菌に直接攻撃を加えることができない、いわばバリアのようなもの。このバリアを突破しないと、むし歯菌、歯周病菌は退治できません。強力なバリアであるバイオフィルムを除去するために、プロによる機械を用いた歯のクリーニングが必要になります。これが「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleanig)」です。

PMTCにより、頑固な汚れであるバイオフィルムや歯石、さらに歯の着色汚れも除去することができ、歯に自然な白さを取り戻します。歯はツルツルになり、お口の中もサッパリするので、プロによる定期的なクリーニングはとても重要です。柔らかい特殊な器具を使用するので、痛みもないので安心です。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。