健康、生活 › 近年、「歯周病を防ぎましょう!」と叫ばれているのには理由があります。

2018年02月13日

近年、「歯周病を防ぎましょう!」と叫ばれているのには理由があります。

実は歯周病は虫歯を抑え、日本人の成人の8割が歯を失う原因の第一位の病気なのです。

歯周病は糖尿病や動脈硬化など、全身の健康にも大きな影響を与える深刻な病気であることがわかってきました。歯周病は単に治療するだけではなく、毎日の生活習慣を改善しなければ、再発を防ぐことが難しい病気です。

軽度歯周病
〈症状〉
・歯周ポケットにプラーク(歯垢)や歯石がたまり、細菌が繁殖している状態
・歯肉に軽い炎症が起き、歯肉の腫れや出血が見られる
・自覚症状がでにくい
治療〉
・効果的なブラッシング指導
・歯科衛生士による数回のクリーニング
エアースケーラー
中等度歯周病
〈症状〉
・出血や口臭がある
・歯石が目立つ
・歯ぐきの骨が後退しはじめ、歯のグラつきを感じるようになる
〈治療〉
・痛みのある場合、麻酔をしてスケーリングなどの施術が必要
・歯石の除去(場合によっては外科手術により除去が必要)

重度歯周病
〈症状〉
・化膿によって歯肉が真っ赤に腫れている
・歯ぐきの骨が破壊されて後退している
・歯のグラつきが大きい
〈治療〉
・歯周外科治療
ハンドスケーラー
生活指導
睡眠不足やストレスなどは歯周病を引き起こす間接的な要因になります。歯周病を防ぐため、患者さまの生活を見直します。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。