健康、生活 ›  予防歯科の重要性

2018年02月23日

 予防歯科の重要性

むし歯も歯周病も生活習慣病ですから、治療が終わったからと言ってむし歯や歯周病になったままのお手入れや食生活を続けているとすぐに再発してしまいます。再発を避けるためには、お口の条件を整えて、きちんと手入れされた健康な歯肉を保つ予防が重要です。

むし歯や歯周病の予防は、口内だけでなく、全身の健康にも良い影響を与えます。また、予防をしっかり行って将来、歯を失わないようにすることで健康寿命は伸びる可能性が高くなります。そしてなにより口内のトラブルがなくなれば、日常生活の中で「会話」「食事」「笑顔」を心おきなく楽しむことができます。
口腔内カメラ
予防歯科のメニュー
食事の仕方を見直します
予防歯科では、食生活に問題があるようでしたら正しい食事指導を行います。たとえば間食や甘い飲み物も、上手にとるようにしたらむし歯や歯周病になるリスクはそれほどあがりません。食生活の見直しは、むし歯や歯周病予防にとって、かなり重要な治療のひとつです。

正しいみがき方をマスターすることが予防の基本
日々の歯ブラシは、利き手など細かい癖の影響でどうしてもみがき残しがあるものです。できるだけみがき残しがない歯みがきができるよう、当院では歯科衛生士が担当になって、丁寧に指導をしています。

プロによる定期的なクリーニング
完璧な予防のためには、プロによる定期的なクリーニングも不可欠です。隅々まで徹底的にきれいにすることで、病気の原因となる細菌を除去してお口の状態を良くします。
スリーウェイシリンジ
噛み合わせチェック
噛み合わせが悪いと虫歯や歯周病にかかりやすいだけでなく、頭痛や肩こりなどの体調不良も招きます。このため、定期的に噛み合わせをチェックして必要に応じて治療を行います。口腔内だけでなく、全身の健康のサポートになります。

フッ素塗布
エナメル質の再石灰化を促し、虫歯菌の出す酸に負けない強い歯を作ります。完全な初期段階の虫歯なら、患者様自身のケアとフッ素塗布によって治せることもあります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。