健康、生活 › 現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

2018年03月13日

現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

北欧の国スウェーデンは、「予防歯科」先進国として知られています。そんなスウェーデンも、かつては、多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。その状況を重く見たスウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました。効果は絶大で、現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

調査でわかった日本とスウェーデンの違い
スウェーデンが「予防歯科」先進国と言われる背景に、国家の積極的な取り組みがあることは間違いありませんが、それだけではありません。過去の統計資料と、ライオン株式会社が2013年12月に実施した調査から、日本とスウェーデンの違いがはっきりわかります。その発見から、私たちがスウェーデンから学ぶことは実に多いのです。
ニッケルチタンファイル
歯科医院での予防ケアが将来の歯の健康にかかわります
虫歯になってから治療するよりも、虫歯になることを未然に防ぐことができれば、お口のダメージをより少なくすることができます。日々のブラッシングはもっとも重要な予防ケアですが、定期検診により歯の状態を確認し、長期間にわたり健康な歯の状態を維持できるように処置を行う予防歯科を徹底することも大切です。

虫歯治療は「負の連鎖」ともいえます
年齢を重ねるほど健康な歯の数は少なくなります。80歳以上の日本人の平均残存数は8本であり、80歳以上の高齢者は2人に1人が総入れ歯を使っているという調査報告もあります。このように多くの高齢者が総入れ歯になる理由の1つとして考えられるのは、日本の保険適用による虫歯治療のあり方が原因なのではないでしょうか。
歯科用マイクロスコープ
現在の日本は「歯医者=削って治す」というイメージが定着しきっていますが、本来歯科医師の使命は「削らずに済む歯科治療」を実現させることだと確信しております。

日本人のお口には、治療した虫歯が再発し、周囲の歯に感染するという「負の連鎖」が起きています。ご自身の歯をできるだけ長く健康な状態に保つためには、定期検診をきちんと受けて虫歯や歯周病を予防することが大切です。そして虫歯などの病気にかかってしまった場合も早期発見・早期治療を心がけましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。