健康、生活 › 予防歯科では、むし歯や歯周病の発症を未然に防ぎ、将来的にお口の健康を長く維持するためのケアを行います

2018年04月16日

予防歯科では、むし歯や歯周病の発症を未然に防ぎ、将来的にお口の健康を長く維持するためのケアを行います

歯医者さんに行くタイミングとして適切なのは、いつだと思いますか? 多くの方が、「口腔内の異常に気づいてから」と答えられるのではないでしょうか。しかし、残念ながらそれでは遅いのです。

お口の病気は風邪などとは違い、“なってから”行くと口腔内は完全に元に戻らないためです(むし歯治療で削った歯や歯周病で溶けてしまった顎の骨は完全には元に戻りません)。また、むし歯や歯周病になったら治療をするのは当然ですが、一度病気になった歯や歯ぐきは治療後も再発するリスクが高くなります。
超音波スケーラー
予防歯科では、むし歯や歯周病の発症を未然に防ぎ、将来的にお口の健康を長く維持するためのケアを行います。つまり、“なる前”に通うべき場所。予防歯科の受診は欧米ではすでに浸透しており、近年日本でも広まりつつあります。お口の健康のために、予防歯科に通う習慣を身につけましょう。

口腔内のトラブルが未然に防げる
“なる前”に定期的に口腔内をチェックすることで、むし歯や歯周病などの口腔内のトラブルが未然に防げ、口腔内の健康が保てます。
治療時の痛みや、治療費が抑えられる
症状がひどくなってからの治療は、痛みも強くなり治療費もかさむもの。定期的な口腔内のチェックを行っていれば、なんらかの症状についても早期発見でき、早期治療が可能になります。
エアースケーラー
PMTC
PMTCとは、プロが専用の器具を使って歯をクリーニングすることです。日頃のブラッシングだけではどうしても落としきれない口腔内の汚れや着色を、すみずみまで徹底的に除去します。

スケーリング&ルートプレーニング
まず、歯周ポケットなどに溜まった歯垢や歯石を超音波スケーラーなどの器具を使って除去する「スケーリング」を行います。その後、きれいになった歯根の表面をなめらかにする「ルートプレーニング」を行い、汚れの再付着を防ぎます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。