健康、生活 › 虫歯は放置していても、自然に治ることはありません

2018年04月26日

虫歯は放置していても、自然に治ることはありません

進行度によって5つに分類されています。
当院では進行が初期の場合、予防治療によって歯を削らずに治療することを第一としています。中期の虫歯の場合には痛みを感じることがありませんが、この時点で治療を行わないと、虫歯はさらに進行し、激しい痛みが出てきます。そうなってしまうと、治療期間と費用がかかってくるケースが多いです。何か違和感があったらすぐに歯科医院を受診し、早期発見・早期治療でるのがより良いといえます。

虫歯の進行をあらわすサイン
虫歯は放置していても、自然に治ることはありません。そのままの状態が続くと徐々に歯が蝕まれ、さらには神経にまで達し、最終的には抜歯が必要となってしまいます。そのため、早期発見による早期治療が非常に重要です。しかし、初期段階の虫歯には痛みがほとんどないのが特徴です。自覚症状があらわれるころには、すでにある程度進行していると言えるでしょう。つまり、「痛い」「しみる」といった症状が出る前に予防をすることが、虫歯の発症・再発防止にはもっとも大切なのです。
歯科重合用光照射器
「痛い」「しみる」は虫歯の進行をあらわすサインです。また、「しみる」といった自覚症状は虫歯だけでなく、知覚過敏の可能性もあります。こうしたさまざまな口腔内トラブルを防ぐためには、歯科医院による定期検診・メンテナンスがお勧めです。座間市の歯医者「ひばりが丘ライズモール歯科」の一般歯科では、患者さんのお口の健康のために、治療と予防の両方を考えた診療を行っています。

一生快適に暮らすための予防を
虫歯(P2へリンク)や歯周病にかかったら、できるだけ早く適切な治療を受けることが大切です。しかしそれ以上に大切なことがあります。それは「予防」です。歯や歯ぐきは、一度悪くなるといくら治療をしても“元どおり”にすることはできず、さらに再発のリスクを背負ってしまいます。「まず病気にならない」ことを実現する「予防」に勝るものはないのです。
電気歯髄診断器
Pick up! PMTCの効果
ご自宅での歯みがきでは取り除けないプラークや歯石を除去するPMTCには、以下のような効果が得られます。
1.虫歯の予防
虫歯菌のすみかとなるプラークや歯石を徹底的に取り除くことで、虫歯の予防になります。
2.歯周病の改善
歯周病の原因となる歯周病菌も取り除くことができ、歯周病の改善につながります。
3.歯質の強化
PMTCは仕上げにフッ素入りのペーストを塗布します。フッ素には、歯質を強化して虫歯になりにくい丈夫な歯にする効果があります。
4.きれいなお口に
歯の表面の汚れも除去でき、歯が自然な白さに戻ります。また、口臭も改善されます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。