健康、生活 › 歯周病は、以下のように徐々に進行していきます。

2018年04月30日

歯周病は、以下のように徐々に進行していきます。

歯を失う大きな原因の一つ「歯周病」。いつまでも自分の歯で、見た目を気にせず笑って、おいしく食事をするためには、早いうちから歯周病の治療・予防に取り組むことが大切です。

歯周病は国民病
歯周病は歯の表面にこびりついた汚れ(プラーク)が原因で歯ぐきに炎症が起こり、病気が進めば歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。しかも、近年は全身へさまざまな悪影響を及ぼすこともわかってきました。なんと、日本人の成人のうち、約8割が歯周病、もしくはその予備軍とのこと。自覚症状がある方はもちろん、今は症状が出ていない方も、今このときから、積極的に予防に取り組みましょう。

歯周病の進行について
歯周病は、以下のように徐々に進行していきます。
軽度歯周病
歯ぐきが炎症を起こし、赤みを帯びた状態。自覚症状はほとんどありませんが、歯磨き時やフロス使用時、堅いものを咬んだときなどに出血することがあります。
歯科材料 通販
中度歯周病
炎症が進んでいるため歯ぐきは少し腫れが目立つようになり、顎の骨が溶けはじめている状態。歯周ポケットが深くなり、プラークがたまりやすくなります。歯が浮いたような違和感・口臭・出血などの症状が出はじめます。

重度歯周病
炎症がさらに拡大し、歯周ポケットが歯の根の半分以上になった状態。出血や膿が増え、口臭もひどくなります。歯ぐきは赤紫色でぶよぶよした状態。歯のぐらつきが感じられるようになり、さらに歯槽骨が溶けると、最終的には歯が抜け落ちます。
歯科重合用光照射器
歯周病の治療
歯周治療を希望して来院される患者さんの多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。
治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。また、歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、私たち歯科医院では歯周病が進行していると思われる患者さんには、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。