健康、生活 › 虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている

2018年05月09日

虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている

虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている
虫歯は歯の表面に粘着したプラーク(バイオフィルム)が飲食をするたびに栄養を取り込んで、酸を放出します。プラーク(バイオフィルム)から放出された酸が歯の表面の「エナメル質」を溶かし(脱灰)、硬い歯がまるで豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」と呼びます。そこに虫歯の原因菌が侵入して、さらに内部への穴の連鎖が続いていきます。これが、虫歯ができて、深く進行していくメカニズムです。次のような4つの条件がそろった場合にむし歯になると考えられています。

虫歯になりやすい歯の質、歯並び、噛み合わせになってしまっている
虫歯の原因菌が旺盛な活動をしている
菌の栄養となる甘いもの(糖質)を多く摂取する食習慣がある
プラーク(バイオフィルム)が歯に付着したままになっている時間が多い
歯科医療機器
C0(初期段階の虫歯)
欠損は認められないが虫歯の初期病変(歯の溝の黒色などの着色、表面の白濁)が認められるもの。歯磨きなどで改善が困難な場合は従来通りの患部を削って詰め物をする場合もあります。

C1(軽度の虫歯)
虫歯ができ始めの状態。この段階から治療が必要になります。患部を削って詰め物をする程度で済みます。この段階ではまだ痛みを感じることはありません。

C2(軽度の虫歯)
虫歯が進んで小さな穴が開いた状態。冷たい物や甘い物などで時々痛みを感じる場合もあります。患部を削って詰め物をします。

C3(中度の虫歯)
虫歯がさらに進行し、大きな神経にまで達した穴が開いた状態。痛みを伴うことが多く、歯の根の治療をした後、かぶせ物や詰め物をします。抜歯のリスクも高くなってきますので、早めに治療をしましょう。
歯科 光照射器
C4(重度の虫歯)
歯冠が崩壊し、根っこだけが残っている状態。虫歯が根の中まで進行し、抜歯の対象となります。抜歯後、入れ歯やインプラント、ブリッジになる可能性があります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。