健康、生活 › 歯の表面や歯根の目に見える範囲内に付着した頑固な歯石を、専用の機器を用いて除去します

2018年05月09日

歯の表面や歯根の目に見える範囲内に付着した頑固な歯石を、専用の機器を用いて除去します

歯の表面に歯垢(プラーク)がたまり、その中の歯周病菌が増殖することによって、歯を支える土台である歯周組織や骨が破壊される感染症です。
歯を失ってしまう場合もあります。歯周病は日常生活では、自覚症状が殆どなく、気がついた時には重度に進行していることがあります。成人の85%に歯周病があると言われる中で歯周病の処置は避けて通れません。進行する前に、自身でお口の中をチェックし、以下のような症状があればご相談ください。

歯ぐきから出血する。
歯ぐきが腫れている。
歯がムズムズする。
歯がグラグラする。
歯ぐきが下がった感じがする。
口臭が気になる。
歯科用バー
歯周基本治療
スケーリング(歯石除去)
歯の表面や歯根の目に見える範囲内に付着した頑固な歯石を、専用の機器を用いて除去します。歯石自体は歯周病を起こすものではありませんが、歯石に歯周病菌が住み着いているため除去する必要があります。

ルートプレーニング
歯ぐきに隠れて見えない範囲の歯根(ルート)面に溜まったプラークや歯石、沈着物、死んでしまったセメント質などを、特殊な機器で除去する処置です。汚れや細菌が再び付かないよう、歯の表面を滑らかにします。

噛み合わせの調整
噛み合わせがずれているために、歯に余計な力がかかると、歯周病が悪化しやすくなります。噛み合わせを調整することで、歯への負担を少なくすることができます。

歯ぎしりの治療
歯ぎしりには何パターンかありますが、無意識に行われてしまうことと、歯に強い力がかかるため、歯周病を悪化させる原因のひとつになっています。個々の原因と症状に合わせた治療・予防法をご提案しています。
抜歯 器具
再評価
治療終了後、歯周病の状態が改善されたかどうか、歯周ポケットを検査します。再評価の治療結果を基に歯周病が改善された部位・改善が不十分な部位をご説明し、今後の治療の進め方について決めていきます。歯周病は再発傾向のある疾患です。長期的に治療効果を継続させるには定期的に検診し、クリーニングすることがとても重要です。口腔内の状態にもよりますが、3ヶ月に1は検診を受けることをお勧めします。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。