健康、生活 › ・歯ブラシの磨き残しのチェックと指導

2018年05月10日

・歯ブラシの磨き残しのチェックと指導

初期の虫歯や歯周病ほとんど痛みを感じません。ですから、痛みがでてから、歯科医院に訪れると、予想以上に重傷で治療期間がかかることはよくあります。そうならないために、お口の環境が悪くなる前に定期検診を行い、健康なお口の状態を保つことができるのが予防歯科です。症状が出る前の段階で処置を行えば、簡単な処置で済ませることができますし、簡単な処置であるほど再治療のリスクは抑えることができます。

定期検診の重要性
定期検診のご案内
治療終了後に、定期検診を受診されることを当院ではおすすめしています。
「やっと終わったのにまた来なければいけないの?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、定期険診を受診されることが、ご自身の歯を長い間残すためにはもっとも重要なポイントだと考えております。
歯面清掃用ハンドピース
毎日正しい歯磨きを行うことが大切なのは言うまでもありませんが、定期検診において以下のことをチェックします。
・虫歯のチェック
・歯ブラシの磨き残しのチェックと指導
・歯周病の検査
・義歯(入れ歯)のチェック
・歯石取り
・かみ合わせのチェック
(必要に応じてレントゲン診査も行います)
万がー、何か新たに問題が見つかった場合、放置していた場合よりも簡単に治療が済みますし、何も問題がなかったとしても必ず歯石や着色の除去を行います。
それが歯周病の予防につながりますので、長い間ご自身の歯を守っていけるのです。
歯科用マイクロスコープ
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
プロのスタッフが専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことをいいます。
歯の表面には歯ブラシで磨くだけでは取ることができない「バイオフィルム」という細菌の被膜がつきます。
そのバイオフィルムが残り続けることで虫歯や歯周病を悪化させます。
専用の器具と薬剤を使い、歯面や歯周ポケット内もきれいに磨いて汚れを取り除きます。
PMTCの効果
・虫歯の予防
・歯周病の改善・予防
・歯質の強化
・審美性の向上



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。