健康、生活 › 歯科医療にとって、結局一番大切なのは「虫歯や歯周病などの疾患を引き起こす前に適切な予防をすること」です

2018年05月15日

歯科医療にとって、結局一番大切なのは「虫歯や歯周病などの疾患を引き起こす前に適切な予防をすること」です

歯科医療にとって、結局一番大切なのは「虫歯や歯周病などの疾患を引き起こす前に適切な予防をすること」です
欧米諸国において、歯医者は「病気を予防するために行くところ」という考えが広まっているなか、日本においては「歯が痛くなったら行くところ」という考えが根強く残り、特に症状がなくても自主的に歯科医院に行くという方は少ないのが実状です。しかも、歯科治療に対して「痛い」というイメージからか、少し歯に違和感があったくらいでは歯医者に行かない方もいらっしゃいます。

しかし、虫歯や歯周病などは初期症状が乏しく、なんらかの自覚症状に気づいたときにはかなり進行している場合が多くあります。そのうえ、歯は治療すればその機能を回復できますが、治療を受けた歯は少なからずダメージを受けており、治療をくり返すことで歯はもろくなってしまいます。一生自分の歯で咬み、健康な口腔内環境を維持するためには、「病気にかからないようにする」という意識と日々のメインテナンスが大事なのです。
スリーウェイシリンジ
歯科医療にとって、結局一番大切なのは「虫歯や歯周病などの疾患を引き起こす前に適切な予防をすること」です。人間には、「自然治癒力」や「抵抗力」が最初から備わっていますが、虫歯予防においても、これらを利用するのは重要です。口内に細菌が繁殖しても、身体の抵抗力がそれに勝れば、虫歯にはなりません。予防歯科とは、歯磨き指導やフッ素塗布など、さまざまな方法で、患者さんの口内環境を整え、「虫歯になりにくい口内環境」をつくること。これに尽きるでしょう。

さて、セルフケアにおける予防は、まず「歯磨き」ということになりますが、実は正しい歯磨きをしている人は少ないものです。たとえば、「歯ブラシを濡らしてから歯磨き剤をつける」人がいますが、これだと泡立ちが早いので「磨いた気になってしまい」十分に汚れを落とさないで済ましてしまう場合があります。また、食後すぐに歯を磨くのも、唾液の働きを活用できないので、あまり意味がありません。

このように、歯磨きひとつとってみても、患者さんの中に多くの勘違いがあり、これらが予防歯科を考える上で障害になっていることは否定できません。「痛くなったから、悪いところがあるから歯科医にかかる」のではなく、「痛くなる前に、悪くないけれど今のうちに」という気持ちで、歯科医院を利用してもらうのが、本来のかたちですし、それこそが予防歯科の根本です。
超音波スケーラー
予防の主軸は定期的(3ヶ月~6ヶ月)に検診を受けることです。ご来院いただいた際には、虫歯や歯周病のチェック、歯のクリーニングなどを行い、口腔内トラブルを未然に防ぎます。万が一虫歯や歯周病が発見されても、早期に治療することが可能です。

歯垢(プラーク)を染め出す液を歯に塗布し、みがき残しの場所を調べます。日頃行っているブラッシングのクセを一目瞭然にしたうえで、正しいブラッシング法を指導いたします。また、歯間ブラシ・デンタルフロスの使い方や選び方などもお教えしますので、わからない点がございましたら何でもご相談ください。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。