健康、生活 › 定期的に歯科医院にお越しいただき歯石を除去することはとても大切です

2018年05月22日

定期的に歯科医院にお越しいただき歯石を除去することはとても大切です

ほとんどの人は、歯肉から血が出る。腫れた。
といった自覚症状を感じてからはじめて来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行した状態です。

歯周病は歯磨きでは防げません。
毎日の歯磨きをしていれば歯垢の除去はある程度可能ですが、歯石の除去は歯ブラシではできません。歯石は一度できると歯の周りに軽石のような性状で強固に歯に付着します。
歯周病の治療と予防
電気歯髄診断器
歯石除去
定期的に歯科医院にお越しいただき歯石を除去することはとても大切です。歯周病はある程度病状が進行が進行しないと症状を現さない、非常に怖い病気です。歯石は歯と歯ぐきの境目付近から作られ始めます。そして知らないうちにどんどん歯ぐきの下へ。歯石は「歯の石」と書くくらいですから、その表面はザラザラ。汚れも付きやすくなり、バイ菌の格好のすみかになります。つまりお口の中に排せつ物があるのと大差ない状態になってしまいます。どんなに歯磨きが上手な方でも、磨きにくいところには気づかずに歯石はできてしまうもの(実際私たちは定期的に取っています)。歯周病の治療の第一歩はセルフケアと歯石の除去から。私たちと二人三脚でいっしょにがんばりましょう。

歯周病対策で健康力アップ
脳…認知症
噛むことが脳を活性化することがわかってきています。噛むことによる刺激で学習能力に深く関わる伝達物質が増えます。

肺…肺炎
“誤嚥性肺炎”とは、食べ物や唾液が誤って肺に流れ込むことで、口の中の細菌によっておこる肺炎をいいます。高齢者、寝たきりの人や、脳卒中の後遺症などで飲み込む力が衰えている人に多く発生しています。
エアーモーター
心臓…狭心症・心筋梗塞
歯周病菌が動脈硬化をおこしている血管に付着すると、血管を狭める作用を促進すると考えられています。

すい臓…糖尿病
歯周病は糖尿病を悪化させます。インスリンの活性を干渉し、血糖値のコントロールが不十分となり糖尿病を悪化させます。

骨…骨粗しょう症
骨粗しょう症とは、骨の密度が減ってスカスカになり、骨折しやすくなる病気。骨粗しょう症の人が歯周病になると、歯を支える骨が急速にやせてしまいます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。