健康、生活 › 毎日きれいに磨いているつもりでも、歯ブラシだけでは必ずどこかに磨き残しがあるものです

2018年05月29日

毎日きれいに磨いているつもりでも、歯ブラシだけでは必ずどこかに磨き残しがあるものです

審美治療とは、虫歯治療や白い被せ物にするだけでなく、顔や口元のバランスを考えながら、いろいろな治療法を用いて歯並びを改善したり歯を白くすることで、総合的に審美を回復させる治療です。矯正歯科は今のままでは将来生活に支障をきたす、あるいはすでに生活に支障をきたしている歯並びを変えることですが、セラミックなどの審美治療は歯を美しくするものです。また、矯正歯科に比べ短期間の治療になります。

歯のクリーニング
毎日きれいに磨いているつもりでも、歯ブラシだけでは必ずどこかに磨き残しがあるものです。歯のクリーニングでは、口臭や歯垢の原因になる歯の汚れを除去ます。自分では取りきれない色素や歯石などの汚れが取れますので、口臭や虫歯、歯周病などのトラブル防止、歯の美しさを保つ等の効果があります。
歯科材料 輸入
ホワイトニング
笑顔からこぼれる白い歯は、さらに明るく美しい好印象をあたえます。ご自身の歯を削ることなく、安全かつ手軽に、短期間で効果を上げることのできるホワイトニングを選択する方が、かなり増えてきております。ほとんどの症例に適応いたしますが、事前に診査・診断を行った上で治療を決定します。

保険と自費の材質について
<保険の材質>
現在の保険制度で使用できる、歯の色と同じような色の素材が、レジン(プラスチック)です。強度の問題から、レジンの歯は犬歯から犬歯の間(上下で12本)にしか適用されません。材質的な特性としては、透明感がないこと、水分を吸収するため時間と共に変色すること等が挙げられます。またプラスチックは磨耗しやすく内部の金属が表に出る可能性があります。一時的に入れる歯としては充分ですが、変色や着色を嫌う方、口元に美しさを求める方には不向きです。
歯科重合用光照射器
<自費の材質>
最も歯に近く理想的だといわれているものが、セラミック(陶材)です。セラミックは、自然の歯のように透明感があり、水分を吸収しないため変色も起こりません。また色調の再現性に優れています。セラミックの中には幾つかの種類があります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。