健康、生活 › 現在、歯科医院で定期検診を受けている方は日本で約2% アメリカで約80%と言われております

2018年06月08日

現在、歯科医院で定期検診を受けている方は日本で約2% アメリカで約80%と言われております

歯周病は日本の成人の約8割がかかっている、もしくはその予備軍といわれているほど蔓延している感染症です。
歯ぐきの炎症から始まり、放っておくと歯が抜け落ちることにつながります。さらに40才以上が歯を失う原因の第1位とされています。

歯周病は早期発見・早期治療が大切です。また罹患のメカニズムが判明していることから、予防可能な病気でもあります。こちらのページでは、大阪市西成区の歯医者「清水歯科」が、歯周病についてご説明します。正しい知識を得て、お口の健康を守りましょう。
広く蔓延している病気~歯周病~
ニッケルチタンファイル
歯の表面に付着したプラークにすみつく細菌が歯ぐきに炎症を起こすのが歯周病の原因です。初期段階は、歯ぐきから出血したり、腫れたりする歯肉炎と呼ばれます。お口のケアが不十分だと歯肉炎が進行し、歯を支える歯ぐきや顎の骨が破壊されていく歯周炎になります。

さらに進行すると歯と歯ぐきの溝はどんどん深くなり、歯周ポケットが深くなって歯のぐらつきが大きくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。歯の健康を保つため一番必要なことは、むし歯や歯周病になる前に「予防」することです。定期検診などで早期発見し治療・予防することが、お口にとって大切です。現在、歯科医院で定期検診を受けている方は日本で約2% アメリカで約80%と言われております。

その結果、70歳のときに残っている自身の歯の平均は、日本人は約8本 アメリカ人は約17本というデータが出ております。 これらの数値から歯科医院で定期検診を受けて、むし歯や歯周病を予防することの大切さがお分かりいただけると思います。高齢になっても自身の歯をたくさん残すために、予防歯科として定期検診を受けることをお勧めいたします。
歯科用マイクロスコープ
メンテナンスのすすめ
ひがし歯科では開院以来、『予防歯科』を治療方針のひとつの大きな軸にしています。
治療が終了した患者様には、その方の状態に適した間隔(数ヶ月~半年)でメンテナンス(定期検診)に来ていただけるように次回の予約をとらせていただいています。ありがたいことに、多くの患者様が、熱心にメンテナンスに通ってくださり、担当する歯科衛生士たちも、ご期待に最大限こたえられる様、日々、研鑽を積んでいます。しかし、『予防歯科』の内容・メリットを、言葉で患者様に的確に伝えることはすごく難しいです。そこで、『予防歯科』の重要性のイメージをグラフにしてみました。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。