健康、生活 › 歯周病は、最終的に歯が抜けてしまうだけでなく、全身の健康状態にも悪影響を及ぼします

2018年06月12日

歯周病は、最終的に歯が抜けてしまうだけでなく、全身の健康状態にも悪影響を及ぼします

歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化にはなかなか気がつきません。気づかないうちに、歯周病は進行し、多くの人が、歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因にもなりえます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
プロの技術でお口の健康を保つ環境作りを!
「ピー・エム・ティー・シー」歯のクリーニング
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)正式名称をプロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニングと言います。すみずみまで綺麗に磨いているつもりでも、ご自宅のブラッシングではどうしても限界があります。歯にはどうしてもプラーク(歯垢=バイオフィルム)が貼りついてしまうものです。(他の分野のものと区別され易いように、歯科ではプラークバイオフィルムと言う場合もあります。)
家庭用超音波スケーラー
このプラークを取り除くために、専門の器具を用いて徹底的に研磨、清掃、虫歯を事前に防ぐのがPMTCです。普段ご自分で磨くことができる外側の歯はもちろん、歯と歯肉の間や、歯と歯の間も専用の器具を用い、徹底的に清掃します。医師の指示を仰ぎ、自宅では出来ないPMTCや予防管理、治療・処置をしましょう。

STEP1
まずプラーク(歯垢)を染め出し、汚れのある部分をチェックします。
STEP2
専用器具を使い、茶渋やヤニなどの着色を除去します。
STEP3
クリーニングペーストを塗布し、みがくことでバイオフィルム(細菌の塊)を除去します。
STEP4
専用器具を使い、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間の汚れを徹底的に除去し、歯をみがきあげます。
STEP5
きれいになった歯を維持できるよう、正しいブラッシング方法を指導します。
STEP6
PMTCは定期的に受け、お口の健康を守っていきましょう。
ストレートハンドピース
定期検診
お口の環境は常に変化しているため、定期検診が欠かせません。定期検診で虫歯や歯周病の有無をくまなくチェックし、変化をしっかり確認・記録することでお口の状況を把握し、適切な予防処置のご提案へとつなげます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。