健康、生活 › 歯科治療の観点からも、詰め物と歯の間から虫歯になることを予防することもできます

2018年06月14日

歯科治療の観点からも、詰め物と歯の間から虫歯になることを予防することもできます

セラミックの板を使い歯の表面に薄いセラミックスを貼り付ける方法です。
基本的には一般歯科治療のなかで、詰め物や歯冠を保険適応もの範囲にするか、セラミックス製のものにするかを患者さまに選択していただくことができます。セラミックスは審美的な効果もありますが、金属の詰め物などに比べて摩耗スピードは自然な歯と同程度です。歯科治療の観点からも、詰め物と歯の間から虫歯になることを予防することもできます。

オールセラミックス
金属の上にセラミックス製の歯冠をかぶせるのではなく、歯にセラミックスをかぶせる方法です。光があたったときの色合いや質感がより自然の歯に近づきます。
タービン 歯科
ジルコニア
金属に代わる新しい素材です。アレルギーの心配がないほか、自然な歯に近い色合いを実現しています。金属同様の強度がありますので、歯科治療のさまざまなところで使える可能性を持った素材です。

ラミネートベニア法
セラミックの板を使い歯の表面に薄いセラミックスを貼り付ける方法です。
エナメル質をほんの少しだけ削ってセラミックスの板を張り付けます。
ポータブルレントゲン
虫歯や歯周病を予防するために大切な2つのこと
1.毎日の歯磨き
私たちは毎日食事をし、毎日飲み物を飲みます。
それは同時に、お口の中にいる虫歯菌に食事を与えていることになります。虫歯菌が食事をすればするほど、歯は虫歯になりやすくなります。それを防ぐためには正しいブラッシング方法で歯を磨くのが1番です。当院では、ご自宅で上手に歯磨きができるようにブラッシング指導を行っています。衛生士が分かりやすく丁寧にお教えいたしますので、いつでもお声掛けください。

医院でのクリーニング
ブラッシングだけではどうしても落としきれない「磨き残し」というものが毎回出来てしまいます。歯科医療に携わっている者でも毎回20%ほど磨き残しができてしまいます。その磨き残しをすっきりキレイにするのが医院でのクリーニングです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。