健康、生活 › 歯質を強化し、耐酸性をアップさせるにはフッ素が有効です

2018年06月27日

歯質を強化し、耐酸性をアップさせるにはフッ素が有効です

近年、日本でもようやく予防歯科が注目されるようになってきました。虫歯や歯周病が悪化してから治療するのではなく、それらを事前に防ぐ、または初期段階で丁寧に抑えてしまうのが予防歯科の目指すところです。歯の治療方法にはいろいろありますが、見た目も機能も、自然の歯に勝る人工物は存在しないと言わざるを得ません。いつまでも健康を保つ秘訣として、ぜひ定期的な歯科医院でのプロケアをおこなってください。

歯質を強く
歯質を強化し、耐酸性をアップさせるにはフッ素が有効です。方法としてはハードレーザーを用いた定期的なフッ素塗布、またご家庭でのフッ素洗口やフッ素入りの歯磨き剤を使うなどがあります。

虫歯菌を退治
虫歯菌(ミュータンス菌、ラクトバシラス菌など)が潜むのは、歯垢(プラーク)の中です。歯磨きできちんと歯垢を取り除けば虫歯を防ぐことができます。しかしすべての歯垢を歯磨きだけで取り除くのは不可能です。歯科医院での定期的なPMTCをおこなうことで、虫歯菌を退治しましょう。
オートクレーブ滅菌
代用糖を使う
虫歯菌は、砂糖(ショ糖)を分解する際に、歯を溶かす酸を出します。そのため砂糖ではなくパラチノース、キシリトールといった代用甘味料を使うことが、虫歯の抑制につながります。

間食を控える
通常、私たちの口内は唾液の働きによって殺菌され、守られていますが、食事中は歯垢のpHが歯を溶かすくらいに下がってしまいます。ということは、間食すればするほど歯を溶かす時間を長くしてしまうことにつながります。
家庭用超音波スケーラー
プロの手による歯のクリーニング(PMTC)
歯科衛生士が専用の器具を使い、30分程度かけて患者さまのお口の中を丁寧にクリーニングするのが「PMTC」です。どれだけしっかり磨いても、毎日のブラッシングでは落とせない汚れを定期的に除去し、ツルツルに磨き上げることで歯を健康に保ちます。リラックスして心地よい刺激による快適なひとときとしてお受けになる方も数多くいらっしゃいます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。