健康、生活 › 全身の健康にも配慮した細かなアドバイス

2018年06月29日

全身の健康にも配慮した細かなアドバイス

口腔の健康は、全身の健康につながる大切なもの。ある調査では「歯を20本以上保有している人の方が医療費が少ない」というデータが出ており、特に認知症と肺炎の発症率が低いそうです。「歯が痛くなってから通院する」という方が多いですが、クリーニングなどで予防したり、初期段階で治療すれば、抜歯に至る危険性を減らすことができます。
予防に対する意識を高め、定期的なメインテナンスでお口の健康を長く維持していきましょう。
歯科用LED照射器
全身の健康にも配慮した細かなアドバイス
虫歯や歯周病は生活習慣病であるため、歯磨きや生活習慣の改善が最も大切です。歯磨きの仕方、食べ方の癖、食べ物や運動など…。患者さまごとに、お口だけでなく全身の健康にも配慮してお話を伺い、アドバイスしていきます。例えば、片方だけの歯で噛む癖のある患者さまの場合。「片方だけの足で歩いていたら、足を悪くしますよね。歯もそれと同じです」という風に、できるだけ分かりやすい説明を心がけています。予防は長期間の習慣付けですので、患者さまのモチベーション維持も重要です。その点も、根気強く一緒に健康を保っていくという意識でお付き合いいたします。お口に関することでしたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。一緒に健康なお口の環境を作りましょう!

定期メインテナンスでお口の健康を守る
むし歯や歯周病が完治すると、口腔内環境が改善されます。その後も安定した状態を保たせるには、口腔ケアをしっかり行うことです。まずは毎日の歯みがきをきちんと行い、数か月に一度、歯科医院でメインテナンスを受けて、セルフケアでは落とし切れない汚れを除去してもらいましょう。
スリーウェイシリンジ
メインテナンスでは、お口の中の状態を確認し、歯のクリーニングや本格的な歯のクリーニング「PMTC」で歯石やステインを除去します。お口の中の衛生状態が保たれ、歯周病の早期発見・早期治療にもつながります。歯のクリーニングをしても、数か月すれば汚れが再付着します。当院では2か月から半年に一度、定期的なメインテナンスを受けることをおすすめしています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。