健康、生活 › 歯周病は歯を支えてる骨や歯ぐきが、ばい菌の感染に侵され骨がやせてゆき、歯がぐらぐらしてきて遂には歯が抜けてしまう病気です

2018年07月04日

歯周病は歯を支えてる骨や歯ぐきが、ばい菌の感染に侵され骨がやせてゆき、歯がぐらぐらしてきて遂には歯が抜けてしまう病気です

歯とお口の健康を積極的に守るため、歯科医院でのプロケアと歯科医師、歯科衛生士の指導に基づいた毎日のセルフケアの両方で予防歯科を実践しましょう。予防歯科ではむし歯や歯周病の検査、定期清掃(PMTC)を行います。今までの歯科医院のイメージだと痛くなってから通院される患者さまが多いと思います。

しかし、欧米では歯科医院は痛くならないように歯を守るために歯科医院へ通院するのが主流です。まだまだ日本では対処療法的にその場かぎりの治療が多くみられます。誰でも痛い思いはしたくないはずです。痛くなる前の予防をしておくことで長く自分の歯で美味しいご飯を食べられ、健康綺麗な歯で生涯を過ごすことができます。
歯科医療機器
歯科医院でプロが行うクリーニングのことで、普段の歯磨きでは落とせないプラークや歯石を専用の器具を使って徹底的に取り除きます。歯周病や虫歯の予防になりお口の中もさっぱりと気持ちよくなります。PMTCを受けたから虫歯や歯周病にならないわけではありません。自宅でのセルフケアが最も重要です。そのためにもプロが効率よく丁寧に磨けるブラッシング法や補助器具の説明をさせていただきます。

歯周病予防
歯周病は歯を支えてる骨や歯ぐきが、ばい菌の感染に侵され骨がやせてゆき、歯がぐらぐらしてきて遂には歯が抜けてしまう病気です。
虫歯やかみ合わせ、歯ぎしりやくいしばり、といったことも歯周病を大きく進行させる原因になります。ですから歯周病治療には総合的な対応が必要になってきます。
予防することや進行をとめるよう継続的に治療する必要があります。
歯科用タービン
1.ブラッシング指導
一番大切な事は、日頃のホームケア(歯磨き)です。
歯周溝にプラークが溜まってしまうと自分ではなかなか落とせないので、歯につき始めたプラークをしっかり落とす事が大切になってきます。
歯磨きの際は、現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。日頃のブラッシングによるプラークコントロールこそが歯周病治療の第一歩です。

2.スケーリング(歯石除去)
歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、表面は粗造でプラークが更に付着しやすいような構造をしており、歯に強固に付着しています。そして強い病原性を持っています。スケーリングでは主に、超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除き、歯の表面をつるつるの状態にし、プラークが付着しにくい状態にします。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。