健康、生活 › 古くは「歯槽膿漏」とも呼ばれていたこの病気は、適切な処置を行わない限り加齢とともにゆっくり進行します

2018年07月05日

古くは「歯槽膿漏」とも呼ばれていたこの病気は、適切な処置を行わない限り加齢とともにゆっくり進行します

日本の歯科疾患実態調査によると、成人の過半数が罹患している疾患とされ、初期症状まで含めるとその罹患率は8割・9割とも言われています。世界中で最も多くの人が罹っている病気としてギネスブックにも載っています。

古くは「歯槽膿漏」とも呼ばれていたこの病気は、適切な処置を行わない限り加齢とともにゆっくり進行します。「喫煙」「糖尿病」「薬剤の服用」「不適切な歯の治療」等が重なると、さらに悪化します。
歯周病に侵されてしまった場合、早めに、そして正確に対処をすることが重要です。
歯科器具中古販売
軽度歯周病
プラーク(歯垢)や歯石が、歯と歯肉の間にたまり、細菌が繁殖しはじめた状態です。歯肉に炎症が見られ、腫れや出血があります。
●軽度歯周病であれば、歯科衛生士によるブラッシング指導や数回のクリーニングなどで回復することが可能です。

中等度歯周病
歯肉からの出血が多くみられ、歯石が目立つ状態です。歯を支える骨も後退しはじめ、歯がグラつきはじめます。
●中等度歯周病では、歯周ポケットの歯石を取る治療が必要となります。数回の歯石除去を行い、歯肉の状態が改善された後に再検査します。進行具合によっては、歯周外科治療も必要な段階です。
光照射器
重度歯周病
重度歯周病は、歯肉が化膿によって真っ赤に腫れ、歯を支える骨もかなり後退し、歯がグラグラと動く状態です。
●多くの場合、歯周外科による治療が必要となります。残念ながら抜歯となる可能性もありますので、ここまで悪化する前に治療をお受けください。

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、 歯科専門のスタッフが専用の器具とペーストを使い、 歯磨きでは落としきれない歯の表面の汚れ(ステイン)、 歯垢(プラーク)やバイオフィルムを除去(クリーニング)する方法です。

タバコのヤニやコーヒー、ワイン、茶渋など着色が気になる方や、口臭の気になる方にお勧めです。PMTCによってツルツルに磨かれた歯の表面は、歯垢がつきにくくなるため、虫歯の予防にもなります。また、歯の表面の着色が取り除かれることで、審美効果もあります。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。