健康、生活 › 歯周病は放っておくと全身にも影響をおよぼす病気です

2018年07月09日

歯周病は放っておくと全身にも影響をおよぼす病気です

歯周病菌が繁殖すると、プラークや歯石によって歯茎が炎症を起こすようになります。
この段階を「歯肉炎」と言い、ほとんどの場合はブラッシングを改善して歯石を除去すれば症状は治まっていきます。

しかし、ここで適切な治療を受けずに放置し続けていると、歯茎の下にある歯を支えている骨が溶けてしまいます。これが「歯周病」と呼ばれている状態で、一旦溶けた骨はほぼ二度と元に戻ることはありません。また、自覚症状がないままどんどん骨が溶けてしまうのが大きな特徴です。
超音波スケーラー
歯周病は放っておくと全身にも影響をおよぼす病気です
歯周病はお口の中だけの病気だと思われがちですが、全身の健康にも影響をおよぼす可能性があります。歯周病にかかるとお口の中の歯周病菌が増え、血管に侵入しやすくなります。血管に細菌が入ると血栓を起こしやすくなり、血栓が原因になる動脈硬化などの血管系の病気や心疾患などの引き金になるからです。

また歯周病は糖尿病との相互関係が指摘され、一方病気の発症が他方の病気の発症を誘発したり、一方の病気の悪化が他方の病気の悪化につながったりすることがあります。歯周病菌が気管を通して肺に入ってしまうと肺炎を発症することがあり、妊婦さんが歯周病を悪化させると早産や低体重児出産を起こす危険性が大きく高まるといわれています。

歯周病治療(歯周内科治療)について
 歯周病は、歯磨きの不良や免疫力の不足が原因で、歯周病の病原菌が歯茎に取り付いて繁殖し、歯茎の腫れを起こし、徐々に歯を支える骨を溶かす感染症で、成人が歯を失う第一の原因です。
パルスオキシメーター
一般に、細菌による感染症であれば、原因となる細菌に効く抗生物質を使えば治すことができます。(例えば、結核にストレプトマイシンというように) しかし、歯周病は歯茎の奥深くで、多くの細菌類が複合して起こすため、単一の薬剤での治療が困難であり、今まではブラッシングと歯石取りを根気良く繰返すことが基本的な治療でした。この治療には患者さんが正しいブラッシングを毎食後きちっと行い、歯科医院で何度も歯石取りを行なうことが必要なため、長期間の通院と絶え間ない努力が必要でした。

そこで、当医院の所属する歯周病内科学研究会では、もっと簡単に歯周病を治すことはできないかということについて研究し,それぞれの患者さんの口の中にいる細菌類に合わせた薬剤の短期間の服用と、薬剤による丁寧な歯磨きによって、歯周病を起こす細菌類を短期間で劇的に減少させる治療法を始めました。指示どおりに薬を飲んで頂いて、歯磨きをしていただければ1週間から10日でその効果を実感できます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。