健康、生活 › 歯周病は痛みが少なく、これといった自覚症状も出にくいため、軽度の場合には放置されてしまうケースが少なくありません

2018年07月11日

歯周病は痛みが少なく、これといった自覚症状も出にくいため、軽度の場合には放置されてしまうケースが少なくありません

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染して、ひどくなると歯肉(歯ぐき)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、歯の周りの病気の総称です。

歯周病は痛みが少なく、これといった自覚症状も出にくいため、軽度の場合には放置されてしまうケースが少なくありません。「毎日歯を磨いているから大丈夫」「痛くないからむし歯はないだろう」と自己判断することなく、定期的に歯科検診を受けていただくことをおすすめします。むし歯や歯周病の早期発見・早期治療を行うことは、さまざまなストレスや負担から解放されることにもつながります。

軽度歯周病と判断された場合には、治療は歯のクリーニングのみで完了します。通院も数回程度なので、時間的にも負担に感じずに治療を終えられます。クリーニングで歯垢や歯石を除去すると、徐々に歯ぐきが引き締まっていきます。出血が治まると、本来のイキイキとした歯ぐきを取り戻せます。
タービン 歯科
中度歯周病の場合には、ある程度の深さにまで歯肉が食い込んでしまっています。この場合、器具を入れ込んでの治療になるため、治療時に出血や痛みを伴います。ルートプレーニングを使って、歯周ポケットの奥にこびりついた歯石や汚れを除去していきますが、痛みが激しい場合には麻酔を施しての治療になります。重度歯周病の場合には、ルートプレーニングでは届かない位置にまで歯石が付着しています。ここまで症状が進んでしまっていると、外科的に歯ぐきの一部を切開し、歯の根元部分から歯石を完全に除去するという治療が必要になります。

歯周病を予防するポイント
大切なのはプラークコントロール
プラークコントロールとは、ブラッシングやデンタルフロスを使って歯にプラークを付着させないようにすることです。これがしっかりできていれば、「歯周病治療のおおよそ9割は完了」と言っても間違いではありません。逆にプラークコントロールを怠ると、せっかくの治療が台無しになってしまいます。
歯科用レントゲン
毎日適切なプラークコントロールに励めば、歯ぐきの出血は驚くほどなくなり、歯周病由来の口臭も改善できます。これは、歯ぐきが引き締まることによって歯周ポケットが浅くなり、プラークが隠れる場所がなくなるからです。お口の細菌の80%が棲むと言われるプラークをしっかり取り除ければ、歯周病は予防できます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。