健康、生活 › 病気にならないための1番の対処法は「予防」です

2018年07月12日

病気にならないための1番の対処法は「予防」です

虫歯とは、お口の中の細菌が私たちの食事から養分を摂取して排泄した酸によって歯が溶けてしまう現象をいいます。
虫歯は、ミュータンス菌だけでなく、虫歯の進行に重要な役割を果たすと言われているラクトバチラス菌、そして歯の質にもそれぞれ個人差があります。その他の虫歯のなりやすい条件を満たしている人は特に歯を強くする対策が必要です。虫歯は自然治癒はしません。「虫歯かな?」「歯が痛いな」と少しでも感じたら、放置せずにおかべ歯科医院へお越しください。
ハンドピース 歯科
歯周病治療
歯と歯ぐき(歯肉)のすきま(歯周ポケット)から入った細菌が、歯肉に炎症を引き起こし、さらには歯を支える骨(歯槽骨)を溶かしてグラグラにさせてしまう病気を歯周病といいます。歯周病は、日本人が歯を失う原因の第1位です。

歯周病の直接の原因は、歯磨きが充分でないときに歯の周りに付く汚れであるプラークに含まれる細菌です。しかし、痛みを伴わないので自覚症状はなく、悪くなってもなかなか気付くことができません。大切なのは歯周病が進行する前にできるだけ早く予防を始めることです。

病気にならないための1番の対処法は「予防」です。どんな病気でも悪くなった状態が長いほど、治るのに多くの時間を要するものです。 病気の程度や期間を最小限に食い止めることで治癒や回復は早まります。 当院では定期的な検診やメンテナンスにて症状の安定を図り、予防を実践していきたいと考えています。虫歯、歯周病を予防し一生自分の歯で食べられる時代の到来です。生涯通じて自分の歯で食事を楽しめるようにしっかり予防しましょう。メインテナンスが歯の延命の決め手になります。
小型滅菌器
PMTC
PMTC(Professional Medical Tooth Cleaning)は歯科医院で行う専門家(歯科医師、歯科衛生士)による歯の清掃のことです。歯の周りや歯と歯ぐきの境界部分には、虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)という細菌のかたまりが存在します。このプラークはバイオフィルムと呼ばれるフィルム状の薄い膜に覆われており、しっかりと歯の表面にへばりついているのです。このためご自宅で行う歯みがきでは、どんなに丁寧にみがいたとしてもプラークの30~40%が残ってしまうといわれています。

PMTCでは特別な清掃器具と薬剤を使用し、コーヒー・お茶の色素やタバコのヤニや歯垢を取り除きます。毎日のホームケアが一番重要ですが、それに加えて1ヶ月~3ヶ月程度のサイクルで定期的にPMTCを受けて、虫歯や歯周病を予防しましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。