健康、生活 › 10年後も健康な口腔内を保つためには、プロによる歯のクリー二ングが欠かせません

2018年07月14日

10年後も健康な口腔内を保つためには、プロによる歯のクリー二ングが欠かせません

ご家庭での歯磨きももちろん大切なことですが、どんなにていねいにしっかりと磨いたとしても、歯と歯茎の間の見えない部分の汚れを全て取り除くことができないからです。歯の表面にもブラッシングだけでは落としきれない歯垢がついたり、茶渋やタバコのヤニなどの色がついたりしてしまうもの。

汚れが残っているとそれが虫歯や歯周病の原因になりますし、歯の表面に色がついていると不潔に見えたり老けて見えたりすることも。虫歯や歯周病を予防するためには見えない部分の汚れまで取り去ることが必要ですので、プロが専用の機械を使用して行うPMTCで、奥の方に入り込んだ隠れた汚れを掻き出すことが大切です。
歯科医療機器
また、高濃度のフッ素入り研磨剤で磨くことで、歯の表面がツルツルになり次の汚れが付きにくくなります。見た目も白く美しくなり、口腔環境の改善によって口臭も予防できるので気分もリフレッシュするでしょう。このように、歯科医院では、歯を削ったり傷つけたりすることなく歯のメンテナンスを行うことが可能。事前に虫歯や歯周病になるリスクを減らすことで虫歯や歯周病を予防できますので、定期的に施術を受けるようにしましょう。

主な予防歯科治療
フッ素塗布
フッ素塗布とは、歯科クリニックで歯の表面に高濃度のフッ素を塗布することです。フッ素には、エナメル質の結晶性を高めて歯の質を強化し、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)するなど、虫歯になりにくくする効果があります。
歯科用バイブレーター
ブラッシング指導
予防歯科の基本は、なんと言っても毎日の歯磨きです。しかし、「磨いている」つもりでも、磨き方に問題があるなどして、実際には「磨けていない」方が少なくないものです。歯ブラシの選び方・握り方・動かし方、歯磨きをする上でのポイントなどについて、やさしく丁寧にご指導いたします。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
PMTCとは、「歯科専門家が専用の機器を用いて行う徹底した口腔内清掃」のことです。歯と歯の間や、歯と歯茎の境目、歯周ポケットなど、普段の歯磨きでは行き届きづらい場所や、歯面に付着したバイオフィルム(微生物の集合体)、たばこのヤニ汚れなどを徹底的に掃除し、お口の中を隅々まできれいにします。虫歯や歯周病を予防し、お口の健康を維持するには、このPMTCが欠かせません。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。