健康、生活 › 歯磨きと合わせてデンタルフロスを使用するとさらに効果的です

2018年07月14日

歯磨きと合わせてデンタルフロスを使用するとさらに効果的です

治療をすれば完治すると考えている方が多いですが、実は歯は治療をすればするほど脆くなってしまいます。歯を健康なまま使い続けるためには、手をくわえないで健康な状態を維持していくことがとても大切です。
そのために、予防歯科で「むし歯や歯周病になる前に予防をする」ことを徹底して、1本でも多くのご自身の歯を残していけるようにしましょう。

①歯磨き
むし歯・歯周病を予防するためにもっとも重要なことは歯磨きです。正しい歯磨きをすれば、口腔内の汚れを落とすことができます。自分の口腔内を良く観察して、歯の溝や隙間にもブラシが行き届くように磨きましょう。

②デンタルフロスや歯間ブラシ
歯磨きと合わせてデンタルフロスを使用するとさらに効果的です。どうしても歯ブラシが届かない歯の隙間に使用してみてください。歯周病予防にも効果があります。また、歯間ブラシも歯間や歯の根元の歯垢を取るのに効果的です。歯と歯の隙間が広い方やデンタルフロスが苦手な方は歯間ブラシでのケアを行いましょう。
歯科用LED照射器
③食生活や生活習慣の改善
食事をすると口の中が酸性になって歯が溶けやすく、むし歯菌が活躍しやすい状態になります。食事は1日3回、なるべく決まった時間に食べるようにして、その後はしっかり歯磨きをするようにしましょう。また、タバコはニコチンによって口腔内の血管が収縮する、ヤニがたまるなどしてむし歯・歯周病のリスクを高めます。食生活・生活習慣もこの機会に見直してみましょう。

①定期健診
むし歯・歯周病の有無や歯周ポケットの計測、歯並び、かみ合わせなどを検査します。むし歯・歯周病があった場合はすぐに治療を行い、なぜむし歯・歯周病になってしまったのかを診断し、再発しないように対策をとります。また、口腔内の状態に合わせたブラッシング指導を行い、いつもキレイな口腔内を保っていただけるようにしています。
マイクロモーター
②PMTC
PMTCは専用の機器を使って口腔内のクリーニングを行うものです。歯垢やタバコのヤニがとれるだけではなく、歯磨きでは取り切れない歯周ポケットの内部の汚れも取り除くことが最大の特徴です。口腔内の汚れをリセットすることができるので、自宅のケアと合わせて定期的にPMTCを受けていただくことをおすすめしています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。