健康、生活 › 歯周病は痛みや出血など、自覚症状が出てからでは治療に時間と費用がかかります

2018年07月19日

歯周病は痛みや出血など、自覚症状が出てからでは治療に時間と費用がかかります

歯の表面にプラーク(歯垢)が付着し、その中の歯周病菌が増殖することによって歯を支える土台である歯周組織や骨を破壊し、歯を失ってしまうこともあります。おもな原因はプラークですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣が、歯周病をひきおこしたり悪化させる原因にもなっています。

歯周病の対策
[ご家庭で]
自分に合った正しいブラッシング方法を知りましょう。だらだら食いや間食を控え、規則正しい食習慣を身につけましょう。
ポータブルユニット
[歯科医院で]
歯周病は痛みや出血など、自覚症状が出てからでは治療に時間と費用がかかります。定期的に検診を受けて、衛生士によるブラッシング指導と歯の掃除をしてもらいましょう。

予防の大切さ
お口の中を健康な状態に維持することを目的とした予防歯科を定期的に行うことで、10年後、20年後の将来が大きく変わってきます。生涯、ご自身の歯で噛んで快適なお食事を楽しんでいただくためにも、当院では患者さんに、予防の大切さをきちんとお伝えしています。当院に入れ歯の治療で通われている患者さんは、「もっと早く予防歯科の存在を知っていれば、入れ歯で苦労することもなかったのか」と後悔されている方も多くいらっしゃいます。そういった実際の患者さんのお声も交えながら、予防の重要性をご理解いただけるように時間をかけてお話をしているのです。
抜歯鉗子
もちろん押しつけはしていません。「1日3回、時間をかけて歯磨きをしてください」とお話しても、患者さんの生活習慣によってはどうしても難しい場合だってあります。それでは続けることなんて不可能ですよね。予防は、生活の中にきちんと組み込まれるものでないと意味がないのです。患者さんのお話をお伺いしながら、無理なく継続していける方法を一緒に考えていきたいと思っています。

バイオフィルムの除去が大切です。
バイオフィルムってよくテレビなどでも見聞きしますよね。そのバイオフィルムとは、堆積した非常に取りにくい細菌の固まりのことです。このバイオフィルムの中には、虫歯や歯周病の原因菌が多数存在しています。そこでこのバイオフィルムを取り除くことが特に重要になります。ではどうしたら、このバイオフィルムを取り除くことができるのでしょうか?具体的に歯ブラシやフロス等で機械的に除去することです。しかし、日頃のブラッシングだけで完全にバイオフィルムを除去することはできないと言われています。特に歯周ポケットの内部には、歯ブラシは届きませんので、歯周ポケットの内部の細菌を除去することはできません。歯周病を治すにはこのバイオフィルムをしっかりと機械的に除去していく必要があるのです。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。