健康、生活 ›  歯磨きだけでは予防しきれないのが現実

2018年07月30日

 歯磨きだけでは予防しきれないのが現実

毎日の歯磨きは、虫歯予防の基本です。適切な方法でゴシゴシと歯を磨き上げることで、虫歯予防へとつなげることができます。けれども、歯の表面にはバイオフィルムと呼ばれる特殊な膜が存在しており、これは歯磨きだけではなかなか落としきれないのです。

高齢になると、体にさまざまな異常が現れてきます。その際「若い頃にあれをしておけば良かった」と後悔の念にかられる方がほとんどです。上記のアンケートのように、たくさんの後悔を抱えた高齢の方がいらっしゃいます。中でも注目すべきなのは、70歳以上の方の回答で、第1位が「歯の定期検診を受ければ良かった」となっている点です。やはり、歯科治療に関する後悔というのは、数十年後に必ずといってよいほど訪れるものなのです。
マイクロモーター 歯科
着色除去だけではない歯のクリーニング効果
予防歯科処置では、歯のクリーニングが行われます。PMTCのような歯のクリーニングでは、機械の歯ブラシを使って、歯面に付着した黄ばみや黒ずみなどの着色汚れを除去します。同時にスケーリングなども行うことによって、歯ブラシでは取り除くことができない歯石も除去することが可能です。そうしてツルツルになった歯は、単に着色が除去されただけでなく、虫歯や歯周病の原因も取り除かれていますので、口腔疾患の予防効果も高いといえます。

歯周病治療
歯周病は、歯ではなく、歯を支えている歯茎や骨の病気です。ある程度進行すると顎の骨が溶けていってしまうため、どんなに歯が健康でも支えることができずに抜け落ちてしまいます。歯周病は虫歯のようにわかりやすい痛みなどはなく、多くの場合、知らないうちに進行していきますので、成人の方は常に歯周病ケアを心がけるようにしましょう。(成人の8割が歯周病になっていると言われています)
コントラ 歯科
歯周病の治療法
まずは各種検査の後、スケーリング(歯石除去)と歯磨きの改善を行います。これだけでも歯周病はかなり良くなっていきますが、ある程度進行している場合には歯周ポケット(歯と歯茎の間にある溝)の奥深くまでお掃除するルートプレーニングと呼ばれる処置が必要になり、さらに進行すると歯茎を切開して歯の根元まで処置を行うことになります。治療が遅れれば遅れるほど大掛かりな処置が必要になってしまいますので、できるだけ早い段階で治療を開始するようにしましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。