健康、生活 › 歯科医院で行う歯のクリーニングが『PMTC』です。

2018年07月30日

歯科医院で行う歯のクリーニングが『PMTC』です。

予防歯科とは、むし歯や歯周病を未然に防いで、歯や口を健康に保つ治療のこと。むし歯や歯周病を治すための治療ではなく、そもそもむし歯や歯周病にしないための予防管理です。また、むし歯ができて治療をしに行く歯医者さんは、お子さんにとって怖いところかもしれません。でも、むし歯にならないよう「お口の健康づくり」に行く歯医者さんは楽しいところです。当医院では、どうすればお子さまの歯を守れるか、いつも考えています。
予防歯科とは、むし歯や歯周病などの「歯の病気」を予防するための歯科治療を指します。
つまり、悪くなってから治す「治療」から「予防」への意識転換を促し、生涯自分の歯で食事ができ、健康的な生活を送るための歯科治療です。

歯科治療と言えば、むし歯治療をイメージされる方が大半ですが、実は歯科治療とはむし歯治療だけでなく、定期的な検診により口腔内の健康と衛生状態を維持し、「歯の病気」を予防するための医療でもあるのです。むし歯や歯周病などの「歯の病気」が健康に及ぼす影響は非常に大きく、ひどいときには頭痛や全身疾患や精神障害まで引き起こします。
そのような状態に陥らないためにも、まずは定期的な検診を受けましょう。ただし、定期検診のみで歯の健康を守ることはできません。やはり患者さんが努力しなければ、その検診は意味を持たないのです。毎日のお口の健康管理はしっかりと行いましょう。
口腔内カメラ
歯科医院で行う歯のクリーニングが『PMTC』です。
PMTCは、『Professional Mechanical Teeth Cleaning』の略で、
「専門家が器械を使用して歯を清掃する」という意味で、自分で行なう
歯磨きでは落としきれない汚れをきれいに落とすことができます。
細菌は、歯の表面につくバイオフィルムという膜状の物質を温床として繁殖し、これが虫歯や歯周病を引き起こします。しかも、このバイオフィルムは歯磨きでは落とすことができないため、PMTCでしっかりと落とすことは非常に大切です。ただし、一度落としても、数ヵ月で再度作られてしまうので、定期検診を受けるたびに行なうようにしましょう。虫歯や歯周病の予防になるだけでなく、歯本来の白さや輝きを取り戻すこともできます。
歯科タービン
在宅口腔ケアとは
口腔ケアは、お口の手入れのことです。口は、きちんと手入れすれば必ず効果が現れる部分なので、諦めずに丁寧なケアを行なうことが大切です。口腔ケアには、口の中を清掃して衛生状態を維持するための『器質的口腔ケア』と、口の機能を回復させ、その維持と向上を図る『機能的口腔ケア』の2種類あり、歯科医師の指示を受けた歯科衛生士が訪問し、患者さまの状態にあった口腔ケアを行ないます。

口の状態は毎日一定というわけではないので、口腔ケア終了後は、その日に行なったケアの内容や口の状態、患者さまの様子などの詳細をカルテに記入し、今後のケアに役立てていきます。もちろんご家族にもその内容を共有するので、毎日の口腔ケアに活かしていただくことができます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。