健康、生活 › 歯の健康を維持するためには、歯科医院でのメンテナンスだけでは不十分です

2018年07月30日

歯の健康を維持するためには、歯科医院でのメンテナンスだけでは不十分です

虫歯や歯周病の原因になるお口の中のお掃除は毎日する歯ブラシだけでは不十分です。
予防歯科とは、虫歯や歯周病など、お口のトラブルが発生する前に定期的に皆様のお口の中をチェック・清掃することにより、虫歯・歯周病を予防することです。

皆様のお口の中の細菌は3百種類以上、細菌数は唾液(つば)1ccあたり10憶~100億と言われています。また歯垢1gに細菌は2000億~1兆(1mg:耳かき1杯で2~10憶 糞便いわゆるウンチの3倍)と言われています。
丁寧に歯ブラシでお掃除しても、細菌は40分で2倍・80分で4倍・120分で8倍と約3時間後には爆発的に増加し、8時間で飽和状態に達します(細菌のエサがなくなるため)。
ただし、歯ミガキのできていないところは常に飽和状態の細菌がいるため、虫歯になったり歯周病を悪化させたりします。

効果
PMTCを行うことで虫歯・歯周病の予防、また光沢のあるきれいな歯・ツルツルした歯になり、汚れが付きにくくなるので健康な状態を維持する事ができます。
①歯石・バイオフィルムの除去
歯と歯の間・ 歯肉と歯の境目・歯の溝の歯石を徹底的に取り除き、バイオフィルムを破壊します。
②歯の着色汚れを除去・研磨
表面の着色(ステインやヤニなど)を取り除きます。
光照射器
行う時期
患者様それぞれお口の中の状態は異なります。状態が悪ければ1か月に1回の受診が必要です。安定期に達すると3か月に1回の受診が最適です。なぜならPMTCによりバイオフィルムを破壊した後、再び細菌がバイオフィルムを形成するのに要する期間が3か月だからです。
高圧蒸気滅菌器
歯の健康を維持するためには、歯科医院でのメンテナンスだけでは不十分です。患者さまによる日々のセルフケアがあって初めて、しっかりとした予防をすることができます。
当院では、定期検診で患者さまのお口の状態に合わせたブラッシング指導を行っています。ブラッシングの回数から、歯に対するブラシの当て方、歯ブラシの選び方などをていねいにご説明します。また患者さまによって意識の高さやできることは異なります。しっかりとコミュニケーションを取り、患者さまにとってより良い予防法をアドバイスしてまいります。お口の環境は、毎日のケアの積み重ねで変わってきます。スタッフ一同親身になってサポートしてまいりますので、共に健康的なお口の環境を作っていきましょう。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。