健康、生活 › 皆様の健康な口腔内環境の維持・管理に貢献していかれれば幸いです。

2018年07月31日

皆様の健康な口腔内環境の維持・管理に貢献していかれれば幸いです。

むし歯や歯周病は、治療によって痛みや腫れがおさまります。
しかしいったん歯を削ってしまうと、もう二度と再生することはありません。しかも治療した部位はもろく、再び病気にかかりやすい状態になっています。そして最後の手段は抜歯――。だからこそ病気にかからないための予防がたいせつなのです。

お口の健康は全身につながっています。自分の歯をできるだけ残し、しっかり咬んで食べることは、健康的な生活をおくる重要なポイントです。このためにも歯科医院で行うプロケアと、ご自宅で行うホームケアを併用して、皆さんのたいせつな歯を守っていきましょう。
オートクレーブ 価格
予防歯科に力を入れています
細菌の再感染、そして再治療を防ぐために重要なのが予防歯科です。
欧米の歯科先進国では、予防のために歯科医院に定期的に通院することは当たり前になっており、日本国内でも予防の必要性が徐々に認識されています。
当院では、生涯にわたってご自身の歯を大切に使い続けていただくために、最適な予防プログラムをご用意しています。
皆様の健康な口腔内環境の維持・管理に貢献していかれれば幸いです。

これからは治療ではなく予防の時代
歯医者へ通うのは虫歯や歯周病などのトラブルが起こってから、という方が多いのではないでしょうか? しかし、治療を行うことで歯や歯茎に少なからずダメージを与えます。そういったダメージが積み重なると、歯の寿命(歯を失うまでの時間)が短くなり、やがて失われてしまいます。いつまでも自分の歯を健康に使い続けるためには、「病気になったら治療する」という対処療法的な考え方ではなく「病気にならないように予防する」という予防意識が重要。これが現代の歯科医療現場の標準となりつつあります。
歯科器具
予防先進国と日本の差
予防先進国であるアメリカやスウェーデンでは、定期検診の受診率が70~90%以上と非常に高く定期検診に行くことが一般的となっています。一方、日本の受診率は5%で予防意識の違いは一目瞭然です。また永久歯の残存歯の割合も予防先進国と比べて明らかに差があります。

予防歯科を受診するメリット
むし歯や歯周病予防には毎日のブラッシングが大切です。しかし、歯と歯の隙間や歯周ポケットの中など、どうしても磨き残しができてしまいます。そこで、定期的に当院の予防歯科をご利用ください。予防・メインテナンスを専門に行うプロである歯科衛生士が常駐し、口腔内のチェックやブラッシングの指導などを親切丁寧に行っています。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。