健康、生活 › 「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、歯周病の原因となる歯垢を除去します

2018年08月06日

「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、歯周病の原因となる歯垢を除去します

「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、歯周病の原因となる歯垢を除去します
歯周病とは、細菌の感染が原因で歯の周りの組織に炎症を起こし、歯茎が腫れたり出血したり、進行すると歯を支えているあごの骨も溶かしてしまい、やがて歯が抜けてしまう病気です。お口の中が悪くなるだけでなく、近年では全身の病気に影響することがわかっています。ブラッシング指導初期の歯周炎の段階では、きちんと歯磨きをすれば改善する場合があります。当院では、担当歯科衛生士が正しい歯ブラシの持ち方・使い方・歯磨きの仕方をしっかりアドバイスいたします。お口の中を清潔に保ち、虫歯や歯周病を予防しましょう。
マイクロモーター
スケーリング(歯石取り)
「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、歯周病の原因となる歯垢を除去します。軽度の歯周病に対して行う治療です。歯石は歯磨きでは取れないので、定期的に歯科医院で取ってもらいましょう。

ルートプレーニング
歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなるため、スケーリングだけでは歯の汚れを取り除くことができません。そのため、「キュレット」といわれる専用の器具を歯周ポケット内部に入れ、歯周ポケットの奥深くにこびり付いた歯石を取り除きます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
スケーリングやルートプレーニングを行っても、なかなか改善しないことがあります。その場合は、歯肉に麻酔をして、歯周ポケット内の歯石・歯垢や、歯周病に感染した歯ぐきを除去します。

フラップ手術
中程度~重度の歯周病に対して行う外科的手術です。麻酔をかけて歯肉を切り開き、歯石、膿、炎症を起こした歯肉を切除します。最後に元通り縫い合わせて完了です。
エアーモーター
薬物療法
重度の歯周病によって破壊された骨は、自然に再生することはございません。歯を支えている組織が失われてしまった部分には、再生を促進する薬剤を塗り、健康な歯周組織を取り戻します。

1日10本以上タバコを吸う人はそうでない人に比べ、約5倍も歯周病になりやすいという報告があります。 タバコに含まれる一酸化炭素やニコチンには血管を収縮し血液の流れを悪くする働きがあるため、歯肉に十分な酸素や栄養が行き届かず、歯周病菌と戦うための免疫が低下してしまいます。また一酸化炭素には酸素の運搬能力を低下させる作用もあり、歯肉がさらに酸素不足に陥るため、歯周病を悪化させてしまうのです。

さらにやっかいなことに、タバコによる血管の収縮作用によって歯肉の腫れや出血が現れにくく、実際の状態よりも症状が軽く感じられてしまうため、歯周病が重症化するまでご自身が進行に気づけなくなるという問題があります。そしていざ治療を始めたとしても、喫煙は細胞の活性を抑制するため歯周病の治りが悪く、効果が出にくくなってしまいます。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。